ソファを置かないコーディネート例!開放的な空間を作ろう

リビングでくつろぐアイテムと言えばソファです。
引っ越しをしたときに、リビングに置くソファを重視する人も少なくありません。
ソファはくつろぐための家具ですが、ソファはスペースを多く取る家具でもあります。
解放的な空間を作るのであれば、あえてソファを置かない選択肢もあります。
今回はソファを置かないコーディネート例を紹介していきます。

 

 

ソファをおかずに機能性を保つコーディネート

ソファをおかずに機能性を保つコーディネート

ソファをおかずに機能性を保つコーディネート

ソファを置かない代わりに、折り畳みの座椅子をローテーブルの周りに並べる方法もあります。
ソファを置かないのは、ソファが持ち運びに不便な家具であることも関係しています。
折り畳みの座椅子なら、配置を換えて簡単に模様替えすることや掃除するときに動かすこともできるので便利です。
ソファがなくても、十分に椅子だけでくつろぐことのできる空間を作ることができます。

 

フロアクッションをインテリアとしてコーディネート

フロアクッションをインテリアとしてコーディネート

フロアクッションをインテリアとしてコーディネート

ソファの代わりになるのが、フロアクッションです。
大きめのクッションを用意しておけば、ソファ並みにくつろぐことができます。
フロアクッションを使用するのであれば、色調の統一をするとオシャレに見せることができるだけでなく、まとまった感じを演出することができます。
また、フロアクッションのサイズをいくつか用意しておくのも、オシャレに見せるポイントです。
機能性で考えても、大きなクッションに座って小さなクッションを足置きにするなど便利に使うことができます。
 
関連:大きいクッション&クッションカバーの魅力とおすすめ

 

ソファを無くすデメリットと解決策

ソファを無くすデメリットと解決策

ソファを無くすデメリットと解決策

ソファを置かないコーディネートでは、ソファをなくすデメリットやその解決策についても知っておく必要があります。
ソファを置かないデメリットは床面で生活することが増え、目線が低くなってしまうことです。
背の高い家具を置いていた場合だと、息苦しい圧迫感を覚えることになります。
背の高い家具は低い物に替えるか、もしくは暖色系に変えることで圧迫感を減らすことができます。
また、ソファの代わりにクッションを配置する場合、直置きすると床の汚れがダイレクトについてしまいます。
ラグなどの敷物を敷いて、その上にクッションを置くと汚れにくくなります。
ラグには温度変化を抑える働きもあり、冬場に床が冷えてしまうのを防ぐ効果もあります。

いかがでしたか?
リビングにはソファを置かないといけないという先入観を無くすと、新しいコーディネートの形も見えてきます。ソファは居住スペースの中で占める割合が大きい家具です。ソファがないコーディネート例も参考にレイアウトを考えていきましょう。

 

関連: ソファ