人気の方位!南向き、東向きの部屋のメリットとデメリット

人気の部屋の方位と言えば南向き、東向き!メリットやデメリットを紹介

部屋選びにおけるポイントの一つに部屋の方位があります。
部屋の方角によって、日当たりの良さや日差しが入ってくる時間が異なります。
一般的には南向きの部屋が人気ですが、次いで東向きの部屋が人気です。
今回は、南向きと東向きの部屋が人気の理由をメリットやデメリットとあわせて紹介します。

 

南向きの部屋のメリット

南向きの部屋のメリット

南向きの部屋のメリット

南向きの部屋は、日差しが昼間の長い時間にかけて部屋に差し込むのが大きなメリットです。
太陽の光で明るいので照明をつける必要がなく、冬場でも日中は室温が上がって暖房コストを下げることができます。
日差しが光合成を促すので、観葉植物やガーデニングの趣味がある人にもおすすめです。

 

南向きの部屋のデメリット

南向きの部屋のデメリット

南向きの部屋のデメリット

デメリットとしては、日当たりが良すぎることで、部屋の物が紫外線の影響を受けやすいという特徴があります。
家具や壁紙、書籍など紫外線に弱いものは日焼けしやすくなります。
また、夏場は室温が上昇するため冷房コストがかかりやすく、光熱費が大幅に上がりやすいのもデメリットです。

南向きの部屋は人気があるので、不動産価値が高くなっています。
同じような条件でも、他の方位の部屋に比べると家賃や販売価格が高くなりがちです。
少しでも安い金額で部屋を探している人にとってはかなりのデメリットになります。

 

東向きの部屋のメリット

東向きの部屋のメリット

東向きの部屋のメリット

東向きの部屋は、午前中に太陽の日差しが部屋に注ぎます。
室温を早い段階で上げてくれるので、比較的過ごしやすいというメリットがあります。
また、太陽の日差しで目を覚ましたいという人にもおすすめです。

日の出くらいの時間帯だと太陽高度が低く、遮るものがなければ太陽の日差しが部屋の奥まで届きます。
朝から洗濯物を干しても、午前中のうちにしっかり乾かすことができます。
朝から活動する人には最適な方位です。
夏は午後に暑さが和らぐので、夏の午後の日差しで室温が異常に上がるのを防ぐこともできます。

 

東向きの部屋のデメリット

東向きの部屋のデメリット

東向きの部屋のデメリット

昼から日差しが入らなくなるので、部屋がかなり暗くなります。
冬場だと太陽の出る時間も遅いので、日差しが入ってくる時間はかなり短くなり、午後からは暖房器具が必須です。
冬場だと朝から洗濯物を干していても、午前中だけで乾かないことがあります。
日の当たる時間が短いのでガーデニングにも不向きです。

いかがでしたか?
南向きも東向きも部屋選びでは人気の方位ですが、それぞれにメリットやデメリットがあります。
南向きが一番部屋に日差しが入る時間が長く、日差しによるデメリットはカーテンや空調で調整することができます。
機能性や居住性を意識するのであれば、南向きの部屋がよいでしょう。

 

他の向きの部屋

南向き、東向きの部屋は人気ですが他の向きの部屋のメリットやデメリットはどうでしょうか?
他の向きの部屋に関する情報は下記をご覧ください。
 

西向きの部屋

西向きの部屋の特徴!知っておきたいメリットとデメリット
西向きの部屋の特徴!知っておきたいメリットとデメリット
日本人は方位を気にする傾向にあり、南向きが良いとされる一方、北向きは良いとされていません。
南や北向きの情報はあっても、意外と西向きや東向きの情報はありません。今回は西向きの部屋の特徴や、そのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

北向きの部屋

意外と住みやすい!北向き部屋のメリットとデメリット
意外と住みやすい!北向き部屋のメリットとデメリット
部屋選びで方位を気にする人は多くいます。
日当たりの良さから南向きの部屋の人気があり、反対に北向きの部屋は人気があまりありません。
しかし、北向きの部屋も実際に住んでみるとメリットがたくさんあります。
今回は、北向き部屋のメリットやデメリットをご紹介いたします。