西向きの部屋の特徴!知っておきたいメリットとデメリット

日本人は方位を気にする傾向にあり、南向きが良いとされる一方、北向きは良いとされていません。
南や北向きの情報はあっても、意外と西向きや東向きの情報はありません。今回は西向きの部屋の特徴や、そのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

西向き部屋の特徴

西向き部屋の特徴

西向き部屋の特徴

太陽は東から上ってくるので、西向きの部屋だと午前中に陰となり、午後に西日が部屋に差し込んできます。
午前中に比べると、午後の方が部屋は温まりやすい特徴があります。
太陽の高度が下がってくる夕方になると、部屋には西日が正面から入り込むので、部屋の奥まで太陽の光が入ってくるのが特徴です。

 

西向き部屋は午後からの日差しが活用できる

西向き部屋は午後からの日差しが活用できる

西向き部屋は午後からの日差しが活用できる

西向きの部屋は、午後から太陽の光が部屋に入り始めます。
洗濯物を室内に干しても、強い午後の日差しを取り込むことができるので洗濯物がよく乾きます。午前中は日差しに邪魔されることがないので、活動時間が午後になる人にもおすすめです。

冬時期であれば、昼からの日差しで暖房代を抑えることができます。夕方まで太陽光が部屋に入り続けるので、部屋に熱がこもりやすく夜の始め頃まで高い室温で維持できるのもメリットです。
空気が澄む時期であれば、美しい夕陽を部屋から眺めることができます。

 

西向き部屋は夏に暑い

西向き部屋は夏に暑い

西向き部屋は夏に暑い

西向きの部屋は夏場になると、午後からの強い日差しが部屋に入るので室温はかなり暑くなります。
紫外線の影響で生活用品が日焼けしてしまうのもデメリットです。夏は日の入りの時間が長いため、太陽光にさらされる時間も長くなります。

西向き部屋の夏は、室温調整や遮光カーテンなどによる日差し対策が必要です。太陽光の日差しは調整することができるので、太陽光を入れることができない北向きに比べると価値は高くなります。

 

西向き部屋の部屋は安い

西向き部屋の部屋は安い

西向き部屋の部屋は安い

西向きの部屋も南向きの部屋に比べると安く設定されていることが多いです。
西向きが安いのは機能性や快適性が悪いというよりも、南向きの部屋に対するプラスのイメージが大きく相対的に価値が下がることが原因になります。少しでも家賃を抑えたい人は西向きの部屋を検討してみるのもよいでしょう。

いかがでしたか?
西向きの部屋は安く、午後からは太陽光を部屋に入れることができるメリットがあります。夏の暑さや日焼けがデメリットになりますが、これらは調整することができます。
北向きのようにまったく太陽光が入らないわけではないので、湿気が増えてジメジメすることもありません。住環境としては申し分ない部屋です。

 

他の向きの部屋

西向きの部屋以外の他の向きの部屋のメリットやデメリットはどうでしょうか?
他の向きの部屋に関する情報は下記をご覧ください。

 

南向き、東向き

人気の方位!南向き、東向きの部屋のメリットとデメリット
人気の方位!南向き、東向きの部屋のメリットとデメリット
部屋選びにおけるポイントの一つに部屋の方位があります。
部屋の方角によって、日当たりの良さや日差しが入ってくる時間が異なります。
一般的には南向きの部屋が人気ですが、次いで東向きの部屋が人気です。
今回は、南向きと東向きの部屋が人気の理由をメリットやデメリットとあわせて紹介します。

 

北向きの部屋

意外と住みやすい!北向き部屋のメリットとデメリット
意外と住みやすい!北向き部屋のメリットとデメリット
部屋選びで方位を気にする人は多くいます。
日当たりの良さから南向きの部屋の人気があり、反対に北向きの部屋は人気があまりありません。
しかし、北向きの部屋も実際に住んでみるとメリットがたくさんあります。
今回は、北向き部屋のメリットやデメリットをご紹介いたします。