意外と住みやすい!北向き部屋のメリットとデメリット

意外と住みやすい!北向き部屋のメリットとデメリット

意外と住みやすい!北向き部屋のメリットとデメリット

部屋選びで方位を気にする人は多くいます。
日当たりの良さから南向きの部屋の人気があり、反対に北向きの部屋は人気があまりありません。
しかし、北向きの部屋も実際に住んでみるとメリットがたくさんあります。
今回は、北向き部屋のメリットやデメリットをご紹介いたします。
 

 

北向きの部屋は夏が快適

北向きの部屋は夏が快適

北向きの部屋は夏が快適

北向きの部屋は太陽の光が部屋にあまり入ってきません。そのため、室温の上がり方が緩やかで夏も過ごしやすいメリットがあります。太陽光が強まる夏時期は、紫外線の影響も無視できません。部屋に置いてある家具や家電が太陽光によって日焼けしてしまうこともあります。北向きの部屋なら、紫外線で部屋に置いてある物が日焼けすることを防ぐことができます。
 

北向きの部屋は安い

北向きの部屋は安い

北向きの部屋は安い

北向きの部屋は家賃が相対的に安くなっています。日差しが入らないだけでなく、北と言う方角にマイナスのイメージを持つ人が多いことも理由です。しかし、実際に住んでみると温度は空調や暖房器具で調整することができて、快適性で考えると問題はありません。

単身向けの家賃でも、場所によっては北向きか南向きかによって数千円程度異なることもあります。単身で日中に仕事をしていれば、そもそも日当たりを気にする機会もありません。長期的に見ると、日当たりよりも金額の方が重要になってきます。
 

北向きの部屋は冬に向かず湿度が高い

北向きの部屋は冬に向かず湿度が高い

北向きの部屋は冬に向かず湿度が高い

デメリットとしては、太陽の光が入ってこないので室温が他の部屋に比べると下がり、特に冬時期は寒さが著しくなることです。夏に快適なメリットに相反する部分になります。冬の寒さが耐えられないというのであれば、北向きの部屋は避けた方がよいでしょう。

また湿度の上昇は室温の下降とリンクするので、湿度が上がって洗濯物が乾きにくいことや夏は湿気でジメジメしやすいデメリットもあります。低い温度と高い湿度が負の要素になっています。
 

北向きの部屋で快適に過ごす方法

北向きの部屋で快適に過ごす方法

北向きの部屋で快適に過ごす方法

北向きの部屋で快適に過ごすポイントは除湿と室温調整です。室温を上げれば湿度は下がるので、暖房器具を使って部屋を暖めれば簡単に問題解決ができます。南向きの部屋であっても冬の時期になると暖房器具は必要です。

また、最近の家は24時間の換気が義務付けられているので、外の空気と中の空気が循環されます。湿度が高くジメジメしていても、通気性が高いことによってジメジメした空気は外部に排出されています。昔のように大きなデメリットは無くなりつつあります。

いかがでしたか?北向きの部屋でも室温や湿度に気を付けていれば、快適に過ごすことができます。住環境の変化に伴い、必ずしも「北向きの部屋=悪い」わけではなくなってきています。北向きの部屋のメリットやデメリットを理解して、お部屋探しをしましょう。

 

他の向きの部屋

北向きの部屋以外の他の向きの部屋のメリットやデメリットはどうでしょうか?
他の向きの部屋に関する情報は下記をご覧ください。

 

南向き、東向き

人気の方位!南向き、東向きの部屋のメリットとデメリット
人気の方位!南向き、東向きの部屋のメリットとデメリット
部屋選びにおけるポイントの一つに部屋の方位があります。
部屋の方角によって、日当たりの良さや日差しが入ってくる時間が異なります。
一般的には南向きの部屋が人気ですが、次いで東向きの部屋が人気です。
今回は、南向きと東向きの部屋が人気の理由をメリットやデメリットとあわせて紹介します。

 

西向きの部屋

西向きの部屋の特徴!知っておきたいメリットとデメリット
西向きの部屋の特徴!知っておきたいメリットとデメリット
日本人は方位を気にする傾向にあり、南向きが良いとされる一方、北向きは良いとされていません。
南や北向きの情報はあっても、意外と西向きや東向きの情報はありません。今回は西向きの部屋の特徴や、そのメリット・デメリットを紹介していきます。