梅雨の時期に取り入れたいインテリアグッズ

雨の日も楽しく快適に おすすめしたい梅雨の季節のインテリアグッズ

新緑の季節のあとは、じめっとした雨の季節がやってきます。
雨のために外出はもちろん、窓を開けることも出来なくなる日も増えるでしょう。
そんな季節に備えて、雨の季節ならではのグッズやモチーフを取り入れてみませんか?
「雨の日も悪くないかも」、そんな気分になれるインテリアアイテムやアイディアをご紹介いたします。

雨の季節のインテリアグッズ

雨の季節のインテリアグッズ


 

 

窓や鏡にぺたり!ウォールステッカーで気分を変えて

ウォールステッカー 木の葉

ウォールステッカー 木の葉

今やすっかり人気のインテリアアイテムとして定着したウォールステッカーは、100円ショップでも豊富な品揃えです。
通信販売でもさまざまなメーカーのものを購入することが出来ますので、気軽に手軽にチャレンジできるインテリアグッズです。
雨の季節にぴったりなのは、やはり、水をモチーフにしたデザインでしょう。

カラフルなレインドロップや傘の模様などは、季節感があります。
植物モチーフではあじさいやアイビーなども素敵ですね。
季節を先取りして、水族館のように魚のステッカーを飾るのも楽しげです。

ウォールステッカーは、窓・ガラス・鏡などはもちろん、家具や壁にも貼ることができます。
壁面に貼る場合は、壁の状態に注意してみましょう。
ウォールステッカーを貼る前に、埃取りを兼ねて拭き掃除をし、カビやシミなどがないかをチェックします。

もし、壁紙が剥がれかけていたり、ベコベコッと浮いた感じがしたりする場合は、壁と壁紙の間になにかトラブルが発生しているサインです。
湿気が原因の可能性もありますので、詳しく確認することをおすすめします。

 

 

傘と長靴の出番が増える玄関まわりを使いやすく

長靴

長靴

雨の季節に大活躍するのが長靴と傘です。
使ったあとの長靴は、雨に濡れていますが、長靴置き用に大きめのプラスチックトレイに玄関用のマットを敷いたものを用意しましょう。
使う玄関マットは人工芝っぽいものやジュート織のものなど、通気性に優れているものを選びます。
長靴から滴り落ちる水分を下のトレイで受け止めて、玄関や他の靴が濡れないようにします。

長靴の中が濡れたら、タオルでしっかり水気をぬぐってから、乾いた新聞紙を詰めて水分を吸わせます。
新聞紙は、様子を見ながら何度か取り替えましょう。
新聞紙があまり湿らなくなったら、ドライヤーの温風をあてて仕上げます。

長靴はゴム製なので、あまり温度を上げすぎないようにしましょう。
天気のよい日には、トレイごと水場に運んで洗い、風通しのよい場所で乾燥させましょう。
小さなお子さんの長靴は、キッチン用の折りたたみ式整理棚などを使えば、限られたスペースでも複数の長靴を置くことが出来ます。

また、傘も同様に、使ったあとはきちんと乾かしましょう。
外で雨を払ってから、マイクロファイバーのクロスで軽く水分を拭き取ります。
晴れた日には陰干しをしてメンテナンスしましょう。
トレイや玄関マット、マイクロファイバークロス、折りたたみ式整理棚などは、100円ショップなどのガーデニンググッズ、台所や掃除グッズのコーナーで探すことが出来ます。

 

実は幸運を呼ぶマスコット カエルグッズで部屋を楽しく

カエルグッズ

カエルグッズ

雨の季節ならではのインテリアモチーフとして、ユーモラスなかわいらしさでおすすめなのがカエルです。
カエルは日本では、「帰る」「還る」「返る」などとの語呂合わせで、幸運を呼ぶものとされています。
また、古代エジプトやマヤ文明など、多くの民間信仰で「雨を呼ぶもの」として神格化されて、信仰のシンボルとなってきました。

そんな背景からか、カエルを扱ったアイテムは、実にさまざまなバリエーションのものがあります。
灰皿や貯金箱、ペン立てなどの実用性のあるものや、単純にオーナメントとして飾っておきたいようなものまで、種類も多種多様です。
緑色で丸みがあり、大きな目が特長のカエルは、親しみやすいと言うこともあるのでしょう。
カエルグッズを探しに、雑貨店やインテリアショップを覗いてみてはいかがでしょうか。
お気に入りのものがあれば、是非、お部屋に飾ってみてください。

雨の日を楽しく快適に過ごすインテリアのアイディアをいくつかご紹介しました。
湿気は住まいの大敵です。
雨の季節に備えて湿気対策をしながら、楽しいアイテムで気分も上げていきましょう。