一人暮らしの女性のための可愛いインテリアコーディネート術

女性の一人暮らしに取り入れたい可愛いインテリアコーディネートとは?

女性の一人暮らしでは、女子らしさにこだわって可愛いお部屋にインテリアコーディネートしたいですね。
女性が好きな色と言えばやはり赤やピンクではないでしょうか。
赤やピンクは女性にとって、幸せを感じる色、優しくなれる色、恋愛をしたくなる色であり、女性ホルモンの分泌を促す効果もあると言われています。

しかし、インテリアに取り入れるのはちょっとしたコツが必要です。
闇雲に使うとごてごてしたり、安っぽいイメージになってしまうこともあります。

ペールトーン、グレイッシュトーンなど、いろいろな性質の赤やピンクを上手に使いましょう。
女性の一人暮らしに取り入れたい可愛いインテリアコーディネート方法をご紹介します。
 

 

白×赤いギンガムチェックでアメリカンカントリー調のインテリア

赤いギンガムチェックを取り入れると、甘すぎないアメリカンカントリー調のお部屋になります。
ナチュラル系の女性におすすめしたいコーディネートです。

白×赤いギンガムチェックでアメリカンカントリー調のインテリア

白×赤いギンガムチェックでアメリカンカントリー調のインテリア

ギンガムチェックには、パイン材やメープル材の天然木をオイルやワックスで仕上げた木製家具が好相性です。
チェストやウォールシェフなら、気軽に取り入れられますね。
さみしくなりがちな白い壁は、ドライフラワーのリースやタペストリーでカントリー風にするのがおすすめです。

上の写真では、プレートハンガーと呼ばれる専用の部品で、お皿のコレクションを壁に飾っています。
飾るアイテムの色も統一することで、お部屋全体がまとまりのある空間に仕上がるでしょう。

 

グレー×赤でセンスの良さが光るリラックス空間へ

赤は多過ぎるとドギツイ印象になってしまいます。
クッションや小物で、ポイント的に少量を取り入れるのがコツです。

グレーのソファに赤いクッション

グレーのソファに赤いクッション

また真っ白なインテリアの中に赤が入ると、コントラストが強くなり赤の主張が大きくなってしまいますが、上の写真では、グレーのソファが赤の色の強さを抑えています。
白さをトーンダウンさせるグレーやベージュなどを使うことで、赤を上品にコーディネートできるのです。
間接照明も壁の白さを和らげているので、リラックスできる空間に仕上がっていますね。
さりげない赤の使い方が、センスの良さを感じさせるインテリアです。

 

グレイッシュピンク×黒で大人女子の甘辛インテリア

甘いピンクが苦手な女性には、グレイッシュトーンのピンクがおすすめです。

グレイッシュトーンのピンクのソファ

グレイッシュトーンのピンクのソファ

黒をアクセントに使うことがポイントです。
グレイッシュピンクの大きなソファですが、落ち着いたアースカラーのラグマットと、ところどころの配置されている黒のアイテムで、インテリアが引き締まります。
ピンクに合わせる色によって、とてもシックなインテリアになりました。
働く女性にぴったりの甘辛インテリアですね。

 

どんな年代でも女性らしい可愛いインテリアへ

女性らしいピンクや赤を取り入れた可愛らしいインテリアをご紹介しました。
年代にかかわらず、女性の一人暮らしのお部屋は可愛らしくインテリアコーディネートしてみてくださいね。