クッションでインテリアコーディネート!お部屋に合うクッションの色

クッションでインテリアコーディネート

クッションは、手っ取り早く部屋のイメージを変えられる便利なアイテムです。
今は中身だけ販売して、カバーは別売りというものも少なくありません。
カバーを自由に選べることで、部屋のイメージに適したものを置くことが出来ます。
ここでは、それぞれの部屋にクッションを置くインテリアコーディネートのコツとクッションの色の選び方をご紹介します。

 

 
オシャレなクッションをお探しですか?
いくら探しても自分好みのクッションが見つからない方は、「オシャレなクッションカバー」を是非一度、ご覧ください。オシャレ度抜群のクッションがお部屋のコーディネートをより一層楽しくします。

 

モノトーンでシンプルに大人っぽさを

クッションでインテリアコーディネート-モノトーンでシンプルに大人っぽさを演出する

クッションでインテリアコーディネート-モノトーンでシンプルに大人っぽさを演出する

室内がシンプルな白の場合、クッションも白にしてしまうと逆に寂しくなってしまいます。
同一色でまとめるのも悪くありませんが、あえて真逆の色を使ってみてはどうでしょうか。
この場合、白ですからあえて黒のクッションを置いてみましょう。
ダイニングテーブルなどが、黒であれば余計にモノトーンの大人っぽさが際立ちます。

白と黒の組み合わせは、男性に好まれる組み合わせなので、書斎などに適しています。
この場合、無地のクッションではなく、白と黒の市松模様などでもいいかもしれませんね。
ただ、白と黒のみで合わせると、かっちりとし過ぎる場合があるので、気をつけてください。

 

カラフルなクッションで遊び心を

カラフルなクッションで遊び心を取り入れる

カラフルなクッションで遊び心を取り入れる

クッションをインテリアとして使う場合、部屋のイメージに合わせる人も多いです。
実際、部屋のイメージに合わせた方が綺麗にまとまります。
しかし、あえてかっちりとしたイメージを作りたくない人は、別々の色や柄のクッションを置いてインテリアコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

色の違うクッションを、ソファやベッドの上に置くだけで部屋の雰囲気も変わります
冬であれば暖色系、夏であれば寒色系で、温かみや涼しさをコーディネートしてください。

子供部屋に置くクッションであれば、一般的な形のものではなく、ハート型や星型など子供の心をくすぐる形のものを置くと、更に可愛らしさも出るのでオススメです。
ただ、大人の場合は子供っぽく見えてしまう場合もあるので、適度な可愛らしさをインテリアコーディネートしましょう。

 

クッションの置きすぎに注意

クッションの置きすぎに注意

クッションの置きすぎに注意

部屋のコーディネートのためとは言っても、クッションの置きすぎには注意です。
ソファやベッドの上に、ずらりとクッションを並べでもコーディネートにはなりません。
使わずに「インテリア」として置いているだけのソファやベッドであればともかく「人が使うこと」を想定した数にしないと、使わない時の置き場所に困ります。

ソファやベッドの大きさにもよりますが、シングルベッドで2つ程度、ダブルベッドで3つ程度が望ましいのではないでしょうか。
コーディネートを意識する場合、クッションの大きさにもこだわりましょう。

一般的なサイズのクッションの他に、抱き枕のような大きめのものもオススメです。
いくつもクッションを飾るより、大きさを違えて飾る方が見栄えも良いですよ。

 

クッションを置く場所は?

クッションを置く場所

クッションを置く場所

クッションをインテリアとして使う場合、どの場所に置けばいいか悩む人もいます。
しかし、決まった場所に置く必要はありません。
自分の好きな場所に置いて、コーディネートを楽しみましょう。

ただ、アドバイスをするならば、あまり自己主張をさせないようにするといいですね。
あくまでも、クッションは主役ではなく脇役という認識でコーディネートをしてください。
そのため、ソファに置く場合は中央ではなく、端に置きましょう。
そうすることで、ワンポイント的なコーディネートにすることが出来ます。

しかし、クッションを2つ置く場合は端でも構いませんし、中央でも問題ありません。
置いた後に寂しさを感じさせないように置くことが、コーディネートには大切です。
逆に1人用チェアの場合は、端には置けないので普通に置いても構いません。
置くものの大きさによって、場所を変えていくことを心がけましょう。

 

クッションの色の選び方

クッションの色の選び方

クッションの色の選び方

クッションの色の選び方として、どのようなシーンで使いたいかで変わってきます。
大人っぽさを出したい場合は、色のみを合わせた無地のクッションがオススメです。
クッションを2つ用意すれば、柄はなくても色の組み合わせで遊べます。
単純な色ではなく、オリーブやビリジアンなどでまとめると深みのある大人っぽさを演出することが出来ます。
可愛いイメージを出したい場合は、薄いピンクやホワイトなど自己主張の激しくない色を組み合わせるといいでしょう。

柄物のクッションを使う時は、今の時期に相応しいものを選ぶと季節感が出ます。
たとえば、ノルディック柄と赤や緑の色を組み合わせるとクリスマスの演出が出来ます。
ハロウィンが近い時期になると、ホームセンターではカボチャをあしらった柄などが出てきますので、そういったクッションカバーを使うといいかもしれません。

逆に無地のものを使わず、柄物同士を使うのはなかなかセンスが問われることになります。
ただ、無地と柄物、無地と無地は無難なコーディネートになりがちですが、まったく違う柄物同士を組み合わせることでアートな空間を作ることが出来ます。

 

その他、クッションカバーの情報

季節のクッションカバー

季節毎のおすすめクッションカバーをご紹介します。

 

・冬のおすすめ

冬のおすすめクッションカバー

冬のおすすめクッションカバー


冬のおすすめクッションカバー

 

・秋のおすすめ

秋のおすすめクッションカバー

秋のおすすめクッションカバー


秋のおすすめクッションカバー

 

・夏のおすすめ

夏のイメージにぴったりなおすすめクッションカバー

夏のイメージにぴったりなおすすめクッションカバー


夏のイメージにぴったりなおすすめクッションカバー

 

その他おすすめ

・大きなクッション

大きなクッションの魅力やおすすめです。

大きいクッション&クッションカバーの魅力とオススメ

大きいクッション&クッションカバーの魅力とオススメ


大きいクッション&クッションカバーの魅力とオススメ

 

・赤いクッション

お部屋コーディネートの差し色に「赤」は素敵です。

赤(レッド)系色のおすすめクッション・クッションカバー

赤(レッド)系色のおすすめクッション・クッションカバー


赤(レッド)系色のおすすめクッション・クッションカバー

 

・春色(ピンク・黄色・緑)のクッション

春色クッションカバー


ピンク・黄色・緑などの春色クッションカバーでお部屋をコーデ

 

・グレーのクッション

モデルルームのような部屋

モデルルームのような部屋


グレーのクッションカバーでモデルルームのようなお部屋に!

 

・アメリカン&ロックなクッション

ロックテイスト・クッションカバー

ロックテイスト・クッションカバー


クッションカバーでアメリカン&ロックなお部屋に

 

クッション、クッションカバーのお手入れ、コーディネートなど

・洗い方

クッションは定期的に洗って清潔に保ちたいですね。クッションの洗い方について説明しています。

クッションの洗い方(家庭で洗濯する方法)

クッションの洗い方(家庭で洗濯する方法)


クッションの洗い方(家庭で洗濯する方法)

 

・選び方

インテリアコーディネートでよく使われるアイテム「クッション」の選び方です。

 

クッション&クッションカバーの選び方を学んでお部屋をコーディネート

クッション&クッションカバーの選び方を学んでお部屋をコーディネート


クッション&クッションカバーの選び方を学んでお部屋をコーディネート!

 

北欧が熱い? 部屋に合うクッションカバーの選び方

北欧が熱い? 部屋に合うクッションカバーの選び方


人気の北欧インテリア!部屋に合う北欧クッションカバーの選び方

 

クッションを材質で選ぼう!

クッションを材質で選ぼう!


どんな種類があるの?クッションを材質で選ぼう!
材質の種類からクッションカバーを選びたい場合に参考にしてください。

 

クッション、クッションカバーの見た目(デザイン)の選び方

クッション、クッションカバーの見た目(デザイン)の選び方


シンプル、モダン、ラグジュアリーなクッション、クッションカバーの選び方
様々なデザインからのクッションカバーの選び方です。

 

・コーディネート

和室でもクッションが活躍!和モダンにコーディネートするクッションカバーの選び方

和室でもクッションが活躍!和モダンにコーディネートするクッションカバーの選び方


和室でもクッションが活躍!和モダンにコーディネートするクッションカバーの選び方
和室でのクッションのコーディネート方法です。

 

店内の雰囲気づくりとリラックス空間を提供できるクッションのすすめ

店内の雰囲気づくりとリラックス空間を提供できるクッションのすすめ


店内の雰囲気づくりとリラックス空間を提供できるクッションのすすめ
お店を経営されている方におすすめのクッションで店内をオシャレにコーディネートする方法です。