意外に使える! 片開きカーテンの実用性・デザイン性とメリット

片開きカーテンと両開きのカーテン

あなたの部屋の窓にカーテンはありますか?
そのカーテンは、中央で開く両開きですか?
それとも片側に寄せる片開きでしょうか?

大きな窓なら「カーテン1枚で」というのは無理がありますよね。
寄せたときにジャマそうだし、大きすぎると洗濯も大変です。

一番の問題が、鍵の位置が中央にある窓では、カーテンが両開きでないと真ん中を開けません。
でもちょっと待ってください。
そもそも、窓の鍵を開けるときは、カーテンを先に開けていませんか?

片開きカーテンを使ったことがない方は片開きカーテンについて不安なことが多いかもしれません。
ここでは、片開きカーテンのメリットや片開きカーテンを利用した部屋作りをご紹介します。

 

 

片開きカーテンは本当に不便?

片開きカーテン

片開きカーテン

カーテンを開けて次に窓をという順番だと、両開きも片開きも関係ありません。
また、両開きのカーテンで、窓を開いて両端にカーテンを寄せているときに強い風が吹き込んで、はためいたカーテンにぶつかって物が倒れたり落ちたりしたことはありませんか?
窓を閉めた時にカーテンを挟み込んでしまうという経験は誰しもがあるでしょう。
なにより、カーテンを閉めたときにできる真ん中の隙間から光が差し込むこともよくありますよね。

わずかとはいえ、強い西日や夜間の電気の光が気になってしまうという人もいるのではないでしょうか。

 

片開きカーテンのメリット

片開きカーテンのメリット

片開きカーテンのメリット

片開きなら、開けない側の端にカーテンを寄せておけば、風でバタバタする心配はありませんしサッシに挟みこむこともありません。
一枚の布で窓を覆ってしまうので、真ん中の隙間も生じません。
体質や睡眠障害などで、光に過敏になっている人にとっては、片開きカーテンの遮光性は見過ごせないメリットではないでしょうか。

マンションなどでは窓が大きく取ってあるため、窓の脇がすぐ柱や壁になっていることもあります。
そういった作りの場合は、カーテンをすべて開けない側に寄せておいた方が、すっきりしますし汚れません。
片開きカーテンにはこのようなメリットがあるのです。

 

大胆なデザインで、片開きカーテンならではの部屋作り

片開きカーテンの部屋作り

片開きカーテンの部屋作り

片開きカーテンならではとも言えるもう一つのメリットに、デザイン性が挙げられます。
両開きカーテンは、カーテンを開いているときは窓を中心に対称性がある配置となりますが、片開きカーテンだと対称性はないため、バランスが悪いとされます。

しかし、カーテンを使っている、つまり閉めているときはどうでしょうか?
真ん中で分かれて柄が断ち切られる両開きカーテンに対し、片開きカーテンでは一枚布でのデザインが成り立つのです。
連続性のある大胆な柄や一枚絵のようなものを使えば、カーテンがインパクトのあるインテリアに変身します。

いかがでしたか?
窓の幅やレールなどの建具の取り付け方にもよりますが、実用性でも、そしてデザイン性でも、片開きカーテンならではのメリットはがあることがおわかりいただけたと思います。
あなたのお部屋のカーテンを、一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

関連: カーテン