ベッドの置く位置の決め方とベストな配置(レイアウト)とは

ベッドの置く位置はどうやって決める?ベストな置き方

家具を買い替える、カーテンの色を変えるなど、部屋の模様替えをするときは家具の配置がポイントです。
部屋に配置する家具の中でも、特にサイズが大きくなるのはベッドになります。
ベッドをどのように置くかによって、部屋のレイアウトは大きく変わります。
今回はベッドの置き方やベストな位置をご紹介させていただきます。
 

 

ベッドの配置

ベッドの配置

ベッドの配置

まず、ベッドの配置についてですが、大きく分けて頭側を壁に付けるパターンと頭側と左か右の側面を壁付けするパターンがあります。
頭側だけを付けるメリットは、左右足元のスペースが作れて掃除がしやすいことです。
一方、左右と足元のスペースが必要になるので部屋面積が大きいときに向いています。

頭側と左、右の側面を壁付けするメリットは省スペースになることです。
部屋が狭いときは、部屋を有効に使うことができるのでおすすめします。
ただし、掃除をするのが難しく、隅々まで掃除をする場合はベッドを動かす必要があるのが難点です。
 

動線を確保したベッドの置き方

ベッドの配置-動線の確保

ベッドの配置-動線の確保

ベッドを配置するときは、必ず動線の確保をしましょう。
部屋から出る時に、ベッドをまたぐようなことがあってはいけません。
部屋が狭いときは、ベッドを置いたときに正方形の空間が残るよう位置させるのもコツです。
そうすれば、自然と部屋に出るための動線を確保することができます。

また、なるべくベランダ側にベッドを置かないようにしましょう。
ベランダに出るときに邪魔になることや災害が起こったときに動線を失うことになります。
また、窓際だと日差しが眩しく冷気が入ることがあるので、ベッドの位置が物理的に窓際になってしまうときは遮光カーテンを使うことをおすすめします。
 

ベッドと壁や収納との距離

ベッドと壁や収納との距離

ベッドと壁や収納との距離

ベッドと壁や収納との距離を具体的な数字でご紹介いたします。
ベッドと壁際の間やベッドと収納スペースとの間など、ベッドを離した方が良いというのは分かっていても、実際にどれくらい離したらいいのか具体的な数字がないと分かりません。
まず、通路しての空間に必要となる長さは50cmです。
これ以下になると、通路としての機能が低下します。

また、収納前のスペースは90cm以上空けるようにしましょう。
それ以上、縮まってしまうと収納スペースの前で作業することができなくなってしまいます。
部屋の広さに余裕がないと難しいですが、余裕があるときはこれらの距離を意識することをおすすめします。

いかがでしたか?
ベッドを置く位置によって生活における負担がかかるポイントも変わります。
ベッドは一度配置してしまうと、動かすのが大変な家具です。
何度も動かさないで済むように、ベストなポジションを決めましょう。