狭い部屋ではソファはこう置く!省スペース向きソファの選び方とレイアウト術。

狭い部屋のソファの置き方

くつろぎの空間にはソファが欠かせません。
でも大きなソファは場所を取ってしまうので、狭い部屋ではレイアウトが難しいですね。
狭い部屋でもゆっくりとリラックスするため、ソファの選び方と上手な配置方法をマスターしましょう。
ここでは、狭い部屋でのソファの選び方とレイアウト術をご紹介いたします。

 

 

狭い部屋にソファを置く基本レイアウト

狭い部屋にソファを置く基本レイアウト

狭い部屋にソファを置く基本レイアウト

狭い部屋のレイアウトは、部屋の中央に家具を置くと空間が遮られてしまうので、動線を確保して壁面を利用することが基本です。
写真のようにソファを壁に沿って配置するとキッチンまでの見通しが良くなり、部屋の狭さを感じさせません。
ソファベッドを利用して、ベッドを兼ねてもいいですね。

 

デザイン性の高い一人掛けソファ

狭い部屋で二人掛け以上の大きなソファを置く余裕がない場合、一人掛けのソファを置いてみてはいかがですか?
一人掛けのソファは、デザイン性の高いものが多くあるので、お部屋のワンポイントにもなります。

デザイン性の高い一人掛けソファ

デザイン性の高い一人掛けソファ

上の写真では、ハイバックスタイルのレザーソファとアンティークのシェードランプが、クラシックな雰囲気を演出しています。

個性的な一人掛けソファ

個性的な一人掛けソファ

個性的なソファも一人掛けソファなら取り入れやすいですね。
シンプルなインテリアでは、インパクトのある張地のファブリックソファや、こだわりのデザイナーズソファがお部屋の主役になるでしょう。

2脚の一人掛けソファをレイアウトした例

2脚の一人掛けソファをレイアウトした例

2脚の一人掛けソファをレイアウトした例です。
対面に配置された上品な色のファブリックソファが、まるでホテルのラウンジのようですね。
アクセントの赤いクッションが、落ち着いたグレーのソファによく映えています。

 

ダイニングとリビングを兼ねたLD兼用セット

狭い部屋に、ダイニングに食卓セットとリビングにソファの両方を置くことが無理であれば、その両方を兼ねたLD兼用セットがおすすめです。

リビングダイニング兼用セット

リビングダイニング兼用セット

食事をする場所でもあり、テレビを見ながらくつろぐ場所でもある、リビングダイニング兼用セットです。
LD兼用セットは、ソファの座面は固め、座面の奥行きは浅めにすると食事がしやすくなりますが、くつろぐための座り心地も考慮しながら、バランスの良いソファを選ぶようにしましょう。
レザー素材であれば、食事中に何かをこぼしてしまってもサッとひと拭きで汚れも落ちやすいですね。

オットマンやスツールを配置した例

オットマンやスツールを配置した例

オットマンがあれば、スツールとして来客時にも活用できます。
またテーブルは食事の時とくつろぐ時で、テーブルの高さを調節できる昇降タイプのものがおすすめです。

 

スペースに無理のないソファ選びを

狭い部屋でのソファのレイアウト方法をご紹介しました。
基本的なレイアウトをはじめ、一人掛けソファやリビングダイニングセットの利用など、アイデア次第で狭い部屋でもソファを置くことができますね。
スペースに無理のないソファ選びで、リラックスできる理想のくつろぎ空間をつくりましょう。

 

関連: ソファ