部屋が狭く感じないソファの上手な設置例

部屋に適したソファのおすすめレイアウト

ソファといえばくつろぎアイテムの代表格です。
リビングだけでなく、一人暮らしのワンルームにもひとつは置きたいですね。
部屋が狭くならないレイアウトや、生活感を感じさせないレイアウト、大人数でもゆっくりとくつろげるレイアウトなど、それぞれの部屋に適したソファの置き方をご紹介します。
 

 

空間の動線を塞がないソファのレイアウト

窓やドアが多いリビングのソファの配置

窓やドアが多いリビングのソファの配置

広いリビングならソファの配置も難しくはありませんが、上の写真のように窓やドアが多いリビングでは家具の配置によっては使いにくくなってしまいます。

ポイントはできる限り窓やドアの前には家具を置かないことです。
壁に沿ってソファを置いたので、ドアや階段、テラス窓への各動線も確保されています。
リビング階段も視界を遮るものがないので、コミュニケーション性の高いレイアウトになっています。
また、ソファが対面キッチンとダイニングテーブルに向いているので、お料理しているときに家族との会話が楽しめるのもメリットでしょう。

 

ソファで生活空間を分けるレイアウト

ソファで生活空間を分けるレイアウト

ソファで生活空間を分けるレイアウト

一人暮らしのワンルームでは、ソファやベッドなど大きな家具はスペースを取ってしまいます。
ワンルームなどの限られた空間では、ソファとベッドのレイアウトがポイントとなります。

上の写真はベッドに背を向けてソファを置いたレイアウトです。
ソファによって、ベッドで寝る空間とコーヒーを飲んだり本を読んだりするくつろぎの空間が分けられていますね。
生活感を感じさせてしまいがちなワンルームでも、ソファの向きだけで空間を分けることができ、生活にめりはりができます。

 

壁と一体化させるソファのレイアウト

壁と一体化させるソファのレイアウト

壁と一体化させるソファのレイアウト

細長い部屋では、中央にソファを置くと部屋が狭くなってしまいます。
こちらの例は大きなソファを壁に沿って置いた例です。
細長い部屋でもスペースを確保しつつ、数人が座ることができるレイアウトになりました。
お客様が来たときも、充分にくつろぐことができますね。

広くはないスペースに大きなソファを置くときは、色にも気を配りたいところです。
壁の色と同じ色のソファにしたことで、圧迫感がないすっきりとした空間になりました。

 

ソファのレイアウトで決まる過ごしやすさ

ソファは大きな家具だからこそ、レイアウト次第で部屋の雰囲気や使い勝手が大きく変わってしまいます。
反対に言えば限られた空間でも、レイアウト次第で大きなソファを置くことも可能になったり、生活のしやすい空間にすることができます。
家具の配置換えをするときは、ぜひ参考にしてくださいね。

 

関連: ソファ