これで完璧!お部屋掃除の基本とコツ

インテリアに興味の有る人、無い人に関わらず、
お部屋の掃除は、日常生活においても重要でやらなくてはならないことですね。
綺麗なお部屋で快適に生活するためにも、お部屋掃除の基本を確認してみましょう。
ここでは、お部屋掃除の基本とコツをご紹介させていただきます。

 

これで完璧!お部屋掃除の基本

これで完璧!お部屋掃除の基本

 

 

モノをきちんと片付ける、仕舞う

モノをきちんと片付ける

モノをきちんと片付ける

当たり前のことですが、散らかっていては掃除が出来ません。
まずは、散らかったモノの片付けから始めましょう。
以下の点を参考に片付けてください。

片付けのチェックポイント

  • ゴミを捨てる
  • 本を本棚に仕舞う
  • 洋服を畳んでタンスに仕舞う
  • コート類はハンガー掛けて吊るす、クローゼットに仕舞う
  • 布団は畳んで押入れに仕舞う
  • テーブルの上のモノを棚に仕舞う

 

掃除の基本は上から下へ掃除する

掃除は上から下へ行います。
この上から下へという順を忘れて、ついつい下から上へ掃除してしまったり、上のほうの掃除を忘れるケースがありますが、埃は上から落ちてきますので、棚などの上を掃除してから、床の掃除へ移りましょう。

 

一定方向へ掃除する、拭き掃除は奥から手前へ行う

無駄を無くすための掃除法として一定方向へ掃除することが基本となります。
これは、同じ場所を何度も掃除することなく、効率よく掃除を行うコツです。
また、拭き掃除の基本は「奥から手前へ」です。
手前から掃除をしてしまうと、せっかく綺麗にした場所を汚してしまい、何度も同じ場所を掃除することになるかもしれません。
その為、拭き掃除は奥から手前へ行いましょう。

 

掃除の順序と掃除のコツ

掃除の順序と掃除のコツ

掃除の順序と掃除のコツ

実際の掃除の順序は、まず棚や天井の埃をはたき等で落とします。
次に掃除機等で床のゴミを取り、最後に拭き掃除を行います。
埃や髪の毛等、乾いたゴミは雑巾で水拭きするよりは、
コロコロクリーナーやフローリングワイパーなど、乾いた道具で掃除することが基本となります。
乾いたゴミに濡れた雑巾で掃除をするとかえって汚れる場合がありますので注意が必要です。

掃除の順序
・埃を落とす→床掃除(床のゴミを取る)→拭き掃除

掃除のコツ、ポイント
・乾いたゴミには乾いた掃除道具を使う

 

最後に

毎日の掃除が楽になる綺麗なお部屋

毎日の掃除が楽になる綺麗なお部屋

理想の掃除の頻度は、「毎日」です。
毎日行うことで掃除も楽になります。汚れがひどくなってからの掃除は大変になりますので、なるべく細かいペースでお部屋を掃除し、綺麗に保ちましょう。