お部屋すっきり!絡まるコードのオシャレなまとめ方

邪魔になるケーブル、コードをすっきりまとめる

テレビやDVD、パソコン、スマートフォンの充電器など、家の中で電気コンセントを使用するものはたくさんありますね。気づかないうちに配線コードだらけになっていませんか?
コードのまわりにホコリがたまってお掃除が大変になるだけでなく、お部屋がごちゃごちゃしたイメージになり、生活感を感じさせてしまいます。
そんなコード類をすっきりとオシャレにまとめるコツをご紹介します。

コードのオシャレなまとめ方

コードのオシャレなまとめ方

 

既成のコードボックスを利用する

市販のコードボックスはいろいろなデザインのものがあります。
一見、コードボックスには見えないようなオシャレなデザインも多く、インテリア性もアップします。

 

100円の木箱を利用する

既成のコードボックスでなくても、自分で手作りしてみてはいかかでしょう。
100均の木箱をペイントしたり転写シールを貼ったり、オリジナルのコードボックスを作ることができます。

 

100均の「すのこ」を利用する

DIYの初心者でも扱いやすい100均のすのこは、小さめサイズなのでコードボックスを作るのにはぴったりです。
釘を打たなくてもクルーガンで貼り合わせるだけで、簡単に作ることができます。
すのこの隙間からコードを通せるので、穴を開ける必要もありません

コードのオシャレなまとめ方

コードのオシャレなまとめ方

 

ワイヤートレイを利用する

パソコンは、周辺機器も含めて配線が多くなりがちですね。
パソコンが置かれた机の後ろ側がコードだらけになっていませんか?
デスクの天板の裏側を上手に活用する方法です。
ワイヤートレイを取り付けてコード類をハンギング収納すれば、机の下のコードが見えなくなり、すっきりとします。

 

ケーブルホルダーを利用する

スマートフォンの充電器のコードが長すぎて余っていたりしませんか?
そんな時はリールタイプのケーブルホルダーがおススメです。
必要に応じて、長くしたり短くしたりできるもの便利です。
自動巻取りやポップでカラフルなもの、いろいろなホルダーがあるので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

 

配線カバーを利用する

床に沿って伸びるコードは、脚が引っかかったり転倒の原因にもなりかねません。
配線カバーは100均でも手に入ります。
両面テープで壁に貼ることができるので、コードに引っかかる心配もなくなりますね。
配線カバーで目隠しすれば見た目もすっきりして、ホコリもたまらずにお掃除も簡単です。
床でなくても、ドア枠や鴨居に沿って貼ることもできます。

 

結束バンドを利用する

コードのオシャレなまとめ方

コードのオシャレなまとめ方

テレビの裏側など、コードボックスを置くスペースがない場合は、結束バンドを利用してもいいですね。
配線ケーブル用の結束バンドは、絞めて長さを調節できる一般的なものから、マジックテープタイプやスパイラルチューブなどもあるので、コードの太さや本数に合わせて選ぶと良いでしょう。

 

配線コードをすっきりまとめるコツ

いろいろな方法を紹介しましたが、コード類をすっきりさせるコツは目隠しをすることです。
見た目がごちゃごちゃしているとストレスにもなります。
これでもう絡まったり、足がひっかかったりすることもなく、お部屋もすっきりしますね。