カビよさようなら!家具の湿気対策は梅雨になる前にはじめよう

梅雨時期の家具の湿気対策

春の天候不順も過ぎ、新緑の季節がやってきます。
穏やかな晴天の日が続く、一年で最も過ごしやすい季節ですが、
その次にやってくるのが、ジメジメとして蒸し暑い、梅雨の季節です。
すっきりしないお天気とともに、湿気に悩まされてしまう時期を少しでも快適に過ごすには、梅雨が始まる前から準備を進めましょう。
今からはじめる、梅雨に備えた湿気対策やお役立ちグッズをご紹介します。
 

 

家具の配置を見直して通気をよくしよう

家具の配置

家具の配置

湿気は空気より重く、空気の流れがない場所にこもりがちです。
家具と壁の隙間の床に近いところは、湿気がこもりやすく、また気付きにくい場所です。
また、湿気が原因で現れる壁のしみや黒ずみ、壁紙や床のたわみなども、家具に隠れていると見逃しがちです。

掃除の際、普段動かさない家具の床や壁との間を丁寧に確認しましょう。
もし、湿気のあとと思われるシミや黒ずみを見つけたら、すぐに家具の配置を見直して、風通しをよくします。

カビは常に胞子の状態で空気中を漂っています。
そして、湿気や温度の条件が揃った場所を見つけると、そこに着床・発芽し、増えていきます。
カビが生えた痕跡があるところは、湿気がこもりやすい場所ということなのです。

一度カビを発見した場所には、またカビが発生してしまう可能性があります。
湿気の原因を確認し、解消した上で、しっかりカビを除去しましょう。
カビ除菌効果のある住居用洗剤のほか、エタノールや重曹などもカビ撃退グッズとしておすすめです。
カビを完全に除去してから、しっかり乾燥させましょう。

 

収納内部に湿気を持ち込まない

クローゼット-湿気対策

クローゼット-湿気対策

クローゼットや押し入れは密閉した空間なので、湿気がこもりがちです。
衣替えの機会などに、収納スペースもしっかり除湿しましょう。
収納ケースや寝具、掛けてある衣類を、外に出しましょう。

寝具類を干したり、衣服に風通しをしたりしている間が除湿のタイミングです。
押し入れやクローゼットの扉や引き戸を開けて風を通し、エアコンや扇風機を利用して乾燥させましょう。
埃なども湿気が集まりますので、しっかり掃除しておきます。
収納内部を乾燥させたら、今度は除湿剤・乾燥剤などの除湿グッズを新しいものに交換します。

また、内部の風通しがよくなるような工夫をしてみましょう。
収納ケースにキャスターを付けたり、すのこを敷くと、床上に隙間が出来ます。
ほんの少しですが、空気の通り道が出来るのでおすすめです。
雨の季節には、濡れたものは完全に乾かしてから仕舞うようにしましょう。
また、見落としがちな玄関の靴の収納スペースも、同じ様に整理し除湿しておきましょう。

 

水回りのチェックを忘れずに

バスルーム

バスルーム

家の中でカビが発生してしまうと、屋内に胞子が飛び、同じ建物内の他の場所に着床、増えてしまいます。
そのため、家の中の湿度が高い場所であるお風呂とキッチンスペース、それからトイレの湿気対策はとても重要です。

最近のトイレは温水洗浄便座が多く普及しています。
そのおかげで、常に湿気と温度が高い状態になっています。
ですから、トイレの便器まわりもしっかりチェックすることをおすすめします。

台所や風呂場は、カビだけではなく、水あか汚れやぬめりなども取り除いておきましょう。
排水管のぬめり汚れは、水流の妨げになり、雑菌も繁殖しやすくなります。
機能的にも衛生的にもよくありません。
毎日の使い終わりに冷水を流して表面の温度を下げておくと、カビや雑菌の繁殖をある程度防ぐことが出来ます。

風呂やキッチンに隣接した部屋は、やはり湿気がしやすいようです。
水回りに接している壁にはものを密着させず、常に風が壁にあたるよう、家具の配置に気を付けましょう。

本格的な雨の季節が始まると、掃除も洗濯も天気の様子を見ながらになってしまいます。
湿気対策はお天気のよい季節が絶好のチャンスです。
準備万端整えて梅雨を乗り切り、爽やかに夏を迎えたいですね!