ランチョンマットの使い方と選び方を学んでお洒落にコーディネート!

 

ランチョンマット

ランチョンマット

ランチョンマットとは

ランチョンマット(プレースマット)は、食卓で一人前ずつの食器を乗せるための敷物のことをいいます。
ランチョンマットは、別名でプレースマットやランチマットと呼ばれます。
ランチョンマットはランチョン(luncheon)+マット(mat)が組み合わせった和製語で、ランチョンの意味は普段の昼食や接待などの会食のことです。
「昼食や会食などで使うマット」という意味になります。

詳しくは下記に記載しています。
ランチョンマット(プレースマット)とは

テーブルの汚れ、音を防ぐランチョンマット

ランチョンマットを使ったことが無いという方も多いと思いますが
ランチョンマットを利用するメリットは何かあるのでしょうか?
食器を直接テーブルに置くと食事中に音がしたり、テーブルが汚れたりします。
また、テーブルは使ううちに表面のコーティングが剥がれてくるので、食器などで傷がつきやすくなります。
ランチョンマットはテーブルの傷、汚れを防いだり、音を防いでくれます。

また、食卓をオシャレに華やかにする目的でも利用されますので、おしゃれなデザインのランチョンマットを使うことで、テーブルをおしゃれにコーディネートできますので、コーディネートの楽しみも生まれ、毎日の食卓が楽しくなります。

詳しくは下記に記載しています。
ランチョンマットの利点(メリット)や目的とは

ランチョンマットの使い方と選び方

ランチョンマットの使い方

ランチョンマットの使い方は、基本的にはテーブルの上に敷いて食器を乗せることです。
クッキングヒーター付きテーブルの場合、ヒーターを使わない時にランチョンマットを敷き、ヒーター部分を隠すという使い方もできます。
他には、お洒落なデザインのものは壁に貼ったり、レンジや棚の上に敷いたりと独特な使い方もあります。

ランチョンマットの選び方

ランチョンマットは、色・柄・デザインでテーブルやテーブルクロスと合わせて選ぶ見た目の選び方と用途に合わせた選び方があります。
例えば、一般家庭と幼稚園で使う場合ではサイズが異なります。
また、機能性を重視する場合は、材質にこだわった選び方がオススメです。
普段のお手入れが簡単で楽なものや防水効果を期待される場合は、PVC製、ビニール製のランチョンマットがオススメです。

ランチョンマットの標準的なサイズ

ランチョンマットの標準的なサイズとは、
「45cm×30cm」または「40cm×30cm」となります。
縦が30cm~33cm前後、横が40cm~45cm前後が一番多いサイズとなります。

子供用、幼稚園のランチョンマットのサイズ

幼稚園ではランチョンマットのサイズを「35cm×20cm」など、一般的な市販サイズよりも小さいサイズを指定される場合が多いようです。
縦の長さは大きめのスプーンがぴったりのサイズで、マットから落ちてしまわないか心配になるかもしれませんが、幼稚園の机は小さいので小さいサイズが良いようです。
市販の大きいサイズを折りたたんで使っている方も多いようです。
材質は布(ファブリック)製が良く、薄い生地のほうが食器などが倒れにくく、持ち運びも折たためるのでオススメです。
子供用のランチョンマットのサイズに関しては、お子様の食器も小さいので、小さいほうが良いようです。

詳しくは下記に記載しています。
ランチョンマットのサイズについて

ファブリック製のランチョンマット

ファブリックは、綿、麻、ポリエステルなどの素材がよく使われています。
綿やポリエステルなどは一般的なファブリック製品でよく使われているので、お洗濯やお手入れも簡単で楽に行えます。

ファブリック製ランチョンマット

ファブリック製ランチョンマット

PVC製、ビニール製のランチョンマット

PVCとはポリ塩化ビニルのことで一般的な合成樹脂(プラスチック)の1つです。
プラスチック素材というのが一般的には一番わかりやすい表現のようです。
PVC製、ビニール製のランチョンマットは汚れに強く、お手入れも簡単です。

PVCランチョンマット

PVCランチョンマット

詳しくは下記に記載しています。
ランチョンマットの素材や材質について

最後に

いかがでしたでしょうか。
ランチョンマットの説明やサイズ、材質等について記載させていただきました。
ランチョンマットでお洒落なダイニング、テーブルコーディネートを実践してみましょう。