キッチンをもっとおしゃれに 収納術実践5つのステップ

整理された清潔なキッチンは使い勝手もよく、家事も楽しくなります。
雑誌やテレビでキッチンの収納術の特集を見ると、「よし!うちも!」という気分になりますよね。
でも、いざ始めようとすると、なにから手をつければいいのやら途方に暮れる、なんてことありませんか?
キッチンの収納術にお悩みの方のために、実践方法をまとめました。

キッチンをもっとおしゃれにする収納術

キッチンをもっとおしゃれにする収納術


 

 

ステップ1 アイテムを厳選しましょう

キッチンのアイテム

キッチンのアイテム

まず、キッチンのアイテムを、①食器、②調理器具、③フライパンやお鍋、④調味料、⑤キッチン雑貨の5つのジャンルに分け、それぞれのジャンルごとに、A・B・Cのランク付けをします。
Aは「いつも使うもの」、Bは「使うタイミングや用途が決まっているもの」、Cは「前にいつ使ったか覚えていないもの」です。
AとBは次のステップへ、Cは備蓄用か処分になります。

 

ステップ2 アイテムの居場所を決めましょう

キッチンアイテムの居場所

キッチンアイテムの居場所

ステップ1で仕分けたアイテムを、それぞれの定位置に配置します。
キッチンスペースをコンロまわり、シンクまわり、冷蔵庫やラック、食器棚の4つのエリアに分けます。
そして、コンロまわりにはフライパンやお鍋、シンクまわりは調理器具やキッチン雑貨、冷蔵庫やラックには調味料と雑貨の一部、食器棚には食器を収納していきましょう。

それぞれの場所で、手に取りやすい位置やすぐ取り出せる位置に「いつも使う物」を優先的に置いていきます。
その際、重いものや冷暗所での保存など、アイテムごとの注意点にも気を付けましょう。

 

ステップ3 アイテムの配置をチェックしましょう

キッチンアイテムの配置

キッチンアイテムの配置

ステップ2でアイテムの居場所を決めたら、全体を見回して配置を点検し、より使い勝手がいい場所に移動します。
普段の動線や使い勝手を確認し、「これはこっちの方がいいかな?」というものを移動させましょう。
各エリアの余裕も確認しておきましょう。

 

ステップ4 収納グッズを活用して整理しましょう

収納グッズを活用して整理する

収納グッズを活用して整理する

さていよいよ、収納グッズを使って整理をしていきます。
細かい物は仕切りを使ったりカゴに入れて整理します。
取り出しにくいものは、トレイや取っ手付きのバスケットなどがおすすめ。
適当な収納グッズがないときは、スペースのサイズを確認しながら、いちごのパックやペットボトルの底を切ったものなどを利用して仮置きします。

注意したいのは、準備の段階で収納グッズを買いすぎないこと。
雑誌の収納術特集で紹介されているグッズは便利そうで、つい手を出したくなりますよね。
でもその収納グッズがうまく収まるかどうかは、実際にやってみないとわかりません。
グッズに合わせて収納するのではなく、収納するものに合わせて収納グッズを選びましょう。

また、グッズ購入でおすすめしたいのは100均ショップです。
グッズ選びのポイントは、「入れたものが外から見える」、「棚に置いても容器ごと引き出せる」、「中のものが取り出しやすい」という点。
100均には、キッチングッズはもちろん、収納アイテムもたくさんありますので、デザインや色合いの統一を考えながら選んでいきます。

 

ステップ5 色やデザインにこだわって個性的に

キッチン-色やデザインにこだわる

キッチン-色やデザインにこだわる

ラストスパートです。
ひととおり収納してみたキッチンに、アイディアを加えていきましょう。
冷蔵庫の側面やラックの脇、開き扉の内側などが空いていませんか?
そこを活用して、ラップフォルダーやタオル、エプロンハンガーなど、補充が必要な消耗品や、よく交換するものを配置します。

さらに100均グッズを活用して、見た目をアレンジしていきましょう。
サイズが合わないときにははさみやカッターなどで切ってどんどん加工します。
失敗しても100円です!
思い切りよく改造しましょう!

また、加工した断面は、マスキングテープを使ってカバーすると安全です。
こちらも100均で売っているので一緒に買っておくといいでしょう。

ステップ1でCに分類したアイテムは、さらに「とっておきたいもの」と「もういらないもの」に分けます。
とっておきたいものは「備品」として蓋付きの収納ボックスに入れ、棚の奥など空いたスペースに仕舞いましょう。
ボックスにはラベルで中身がわかるようにしておくと便利です。

そして、「いらないもの」はすっぱり処分です!
進学や就職などに伴う引越など、春はキッチンを整理するタイミングでもあります。
日付を決めて少しずつ進めてもいいですし、休日を使って一気に取り組むのもいいでしょう。
収納術を上手に使って、キッチンをイメージチェンジしてみましょう。

 
キッチンインテリアをオシャレにするアイテム