一人暮らしのワンルームに必要な家具と選び方

一人暮らしに必要な家具とワンルームでも狭くならない家具の選び方

念願の一人暮らしを始めるにあたって、揃えなければならないのは家具ですね。
いろいろ欲しいところですが、ワンルームや1DKではスペース的な問題もありますので
家具は必要最小限にすることが鉄則です。
狭苦しくならないよう、快適で住みやすいお部屋にするためはどんな家具を選べばよいでしょうか。
一人暮らしのワンルームでも狭くならない必要な家具の選び方をご案内いたします。
 

 

空間を上手に有効利用して快適なお部屋に

空間を上手に有効利用して快適なお部屋に

空間を上手に有効利用して快適なお部屋に

居住空間は「寝る」「食べる」「くつろぐ」の空間が必要です。
ワンルームなどの一人暮らし用の部屋でも、それぞれの空間を独立させることが理想でしょう。
これらの空間が一緒になっていると、物が片付きにくく雑然とした部屋になりやすいからです。

限られたスペースではなかなか難しいですが、家具の選び方やアイデア次第で「寝る」「食べる」「くつろぐ」空間を分けることができます。
ワンルームでもスッキリとしたお部屋にするための家具の選び方や、レイアウト方法をご紹介します。

 

オシャレなベッドとスペースを広く使える布団

お布団なら畳んで押入れに収納してしまえば、お部屋も広く利用できるメリットがあります。
しかし、出し入れが面倒なのがデメリットですね。
万年床はダニの温床ともなるので厳禁です。
布団の収納場所がなかったり、和室であっても出し入れが面倒な方にはベッドがオススメです。

オシャレなベッド?スペースを広く使える布団

オシャレなベッドとスペースを広く使える布団

ベッドもさまざまなタイプがありますが、比較的ロータイプのものは部屋が広く感じます。
ベッド下に収納ができるタイプなら便利ですね。
部屋を広く使うコツは、ベッドを部屋の奥や壁際に置くことです。
食べたりくつろいだりする空間と分けるには、パーテーションを置いたり、室内カーテンで仕切ってもいいですね。
お客様が来たときも目隠しになります。

またソファベッドなら、昼間はソファ、夜はベッドになりスペースを有効利用できます。
ソファベッドにも折りたたみ式のロータイプや、広げるとセミダブルの大きさになるもの、ベンチタイプのものなど、いろいろな種類があります。
部屋の大きさに合わせて選ぶことが大切です。

 

食事をするテーブルとワークデスク

食事をするテーブルとワークデスク

食事をするテーブルとワークデスク

食事をするためのテーブルは欠かせませんね。
テーブルは食べるためだけではなく、ものを書いたりするワークスペースとしても利用できます。
その両方を兼ねる小さめのテーブル&チェアーを、部屋のコーナーに置いてみてはいかがでしょうか。

スリムなワークデスクを壁際に置く

スリムなワークデスクを壁際に置く

ワークスペースを別にする場合は、スリムなワークデスクを壁際に置くとすっきりした印象になります。
テレビなどに背に向け、壁に向かって置くことで集中力が高まります。

 

くつろぎの家具といえばソファ&センターテーブル

くつろぎの家具といえばソファ

くつろぎの家具といえばソファ

やはりくつろぎスペースにはソファが欲しいですね。
ソファは大きくても2人掛けくらいが、お部屋に圧迫感を与えません。
一人掛けソファなら、オットマンをセットで置いてみてはいかがですか?

オットマンとは、足を乗せる小さなスツールです。
ソファと同素材で揃えると、インテリア性もグッとアップします。
来客時には座ることもできるので1つで二役。
収納できるタイプのものなら、さらに有効活用できますね。

ソファを置かずにリクライニングチェアという選択肢もあります。
最近のリクライニングチェアは、以前のようなオフィス向けの事務的なものだけではなく、豊富なカラーバリエーションでデザインもオシャレになり、機能性も高くなっています。
スタイリッシュクールなインテリアにぴったりです。

センターテーブル

センターテーブル

センターテーブルは、コーヒーカップと本が乗るぐらいの小さめのものがおススメです。
あまり大き過ぎると、物の置き場所となってしまいがち。
テーブルの上はいつも片付いた状態を維持したいですね。

スノコを利用したDIYテーブル

スノコを利用したDIYテーブル

調度良い大きさのテーブルがなかなか見つからなければ、DIYで手作りしてみてはいかがでしょう。
写真のようにスノコを利用して収納スペースやキャスターを付けるなど、アイデア次第で世界に一つだけのテーブルになります。

 

クローゼットやキャビネットなどの収納家具

ワンルームでいちばん悩むのは収納場所ではないでしょうか。
生活をしていると物はどんどん増えますね。
いつの間にか部屋の中が物でいっぱい…という状況にならないように、収納家具も揃えましょう。

クローゼットやキャビネットなどの収納家具

クローゼットやキャビネットなどの収納家具

ワンルームに大型家具は狭くなるので、できれば置きたくないところ。
つくり付けのクローゼットがあれば、洋服ダンスも必要ないですね。
クローゼットの中は収納ケースやクローゼット用チェストなどを上手に利用すると、かなりの量を収納することが可能です。
和室の押入れの場合は、押入れハンガーや突っ張り棒を使用してクローゼットのように使うと良いでしょう。

ハンガーラック

ハンガーラック

クローゼットがなくても、部屋のちょっとした隙間にハンガーラックを置いて間仕切りカーテンをかければ、ウォークインクローゼット風になります。

背の高い家具で壁を隠してしまうと、圧迫感のある部屋になってしまいます。
テレビ台なども、背の低いものにすることで部屋が広く感じられます。

ウォールシェルフを利用した「見せる収納」で、壁も有効利用したいですね。
間仕切りラックは、空間を分けることもできるのでオススメです。

 

限られた空間でインテリアを楽しむ

いかがでしたか?
一人暮らし用の部屋でも、家具の選び方や配置で、狭くならない快適な部屋にすることができます。
限られた空間でもインテリアを楽しみたいですね。
お気に入りの家具を見つけて素敵にレイアウトしてくださいね。