玄関は住まいの第一印象。素敵な玄関インテリアでお客様を迎えよう

玄関のインテリア

お客様を迎え玄関は特に気にかけたい場所ですね。
玄関は家の第一印象にもなります。
きれいに片付いていることはもちろん、センスの良いインテリアコーディネートで、素敵な玄関をつくりましょう。
壁や床の色と質感で玄関を変える方法、玄関のインテリアを飾る小物や観葉植物をご紹介いたします。

素敵な玄関インテリア

素敵な玄関インテリア


 

 

壁や床の色と質感で変わるイメージ

インテリアは、壁紙や床材によって雰囲気ががらりと変わります。
3パターンのコーディネート例です。

明るいイメージの玄関

明るいイメージの玄関

ひとつめの例は、白い壁と天井、淡い色のフローリングで、明るいイメージの玄関です。
ドアと階段をフローリンと同じ色にすると、境界が強調されずに広々と感じます。
床と壁の色の差が近いので、殺風景にならないように、玄関から入った正面には大きな絵を飾ってみましょう。

大きな絵でも重い印象にならないように、グリーンの自然な色使いの絵を飾ります。
広々とした空間に仕上げるとこに視点をあてた玄関コーディネートになりました。

シックな玄関

シックな玄関

同じ玄関でもフローリングの色を変えると、イメージがガラリと変わるものです。
それに合わせて、正面と側面の絵も変わっています。
インパクトのある抽象画がインテリアのアクセントとなって、シックな玄関に仕上がりました。

壁に飾った絵の存在感が大きいので、廊下のドアは白で壁と同化させます。
個性的な絵が主役の玄関になりました。

石積み調の壁の存在感ある玄関

石積み調の壁の存在感ある玄関

側面の石積み調の壁にして、床はフローリングではなくフロアタイルを張ったタイプです。
ゴツゴツとした質感のストーン調の壁は、それだけで存在感があるので、正面には絵を飾らずにスッキリとした印象のコーディネートにまとまっています。

側面に色鮮やかな絵を1枚飾ることで、色味が入りインテリアに表情が生まれます。
ディープトーンの階段で、玄関との境界がはっきりとしますね。
壁と床の質感が主役の洗練された玄関です。

 

玄関のインテリアを飾る小物や観葉植物

玄関のインテリアを飾る小物や観葉植物

玄関のインテリアを飾る小物や観葉植物

玄関にはお客様を迎えるために、靴ベラや傘スタンドなどの小物にもこだわりたいところです。
上の写真は、靴の形をした個性的な木製の靴ベラです。
インテリア雑貨のショップで、お気に入りアイテムを見つけるのも楽しいですね。

観葉植物の種類は、玄関の環境によって選ぶことが大事です。
日当たりのない玄関には耐陰性のある樹種を、北側の玄関では冬の寒さにも耐えられる樹種がおすすめです。

土間が広くない玄関には卓上サイズの植物をシューズボックスなどの上に置くなど、玄関の環境や広さに合わせて選びましょう。

フェイクグリーン

フェイクグリーン

植物を育てることが苦手な方には、フェイクグリーンを利用する手もあります。
日当たりや室温に左右されず、お手入れも不要なので便利ですね。

100均にはいろいろな種類の小さなフェイクグリーンがあります。
小物と一緒に寄せ植えしたり、壁掛けウォールグリーンをつくったりなど、さまざまなアレンジ方法で玄関を飾ることができます。

 

毎日のおでかけもおしゃれな玄関で気分よく

壁紙や床材で変わるの玄関インテリアや、小物や観葉植物の選び方などをご紹介しました。
毎日出かけたり帰ってきたときに、おしゃれな玄関だと気分もいいです。
家の第一印象にもなる玄関を素敵にコーディネートしてみてくださいね。