インテリアコーディネートで部屋を広く見せるコツ

インテリア通販

インテリアコーディネートで部屋を広く見せるコツ

インテリアコーディネートで部屋を広く見せるコツ

インテリアコーディネートで部屋を広く見せるコツ

狭い部屋では、白やベージュなどの薄い色をベースにすることで
部屋を広く見せる効果があります。
黒っぽい色には収縮効果があり、部屋が狭く見えてしまいますので
部屋全体のイメージカラーは白やベージュ系色がオススメです。
白をベースとした明るい部屋作りを心がけましょう。

部屋の色、柄をコーディネートする

○壁や床の色を明るくする

一般的には明度が高いと人はスペースを広く感じます。
最も大きな面積を占める壁と床を明るい色にすると、部屋を広く感じさせることができます。
壁の色は、白や淡いパステルカラーがオススメです。
また、使う色については5~6色ぐらいで部屋をまとめると、空間が整理され、部屋に広がりを持たせることができます。
シンプルな色でまとめることがポイントです。

○壁やカーテンの柄は小さくする

柄物の壁紙を選ぶ場合は、淡い色や小さな模様を選びましょう。
大きな柄は部屋を狭く感じさせてしまいます。
また、カーテンの柄も同様に小さな模様や淡い色を選びましょう。

○縦のラインを強調する

縦のラインは天井を高く感じさせる効果があり、部屋を広く感じさせます。
低い天井の場合はストライプ柄の壁紙や縦ラインの入ったグッズを活用しましょう。

縦のラインを強調する

縦のラインを強調する

○床面を多く見せる

部屋を広く見せるには、フローリング面を大きく見せることも重要です。
床に不要なものを置いたり散らかしたりせず、きちんと収納し整理整頓を心がけましょう。
また、ラグが大きすぎると圧迫感を与え部屋を狭く窮屈に感じさせてしまいます。
ラグは部屋にマッチしたサイズか少し小さめを選ぶと良いでしょう。

床面を多く見せる

床面を多く見せる

家具の選び方と配置を考える

部屋を広く見せるうえでは、家具の選び方や配置も重要なポイントとなります。

○背の低い家具を選ぶ

部屋にある程度の広さがある場合には、
背の低い家具を選ぶことも部屋を広く感じさせる重要なポイントとなります。
高い位置の空間を開けることで部屋が広く感じられます。

○部屋に奥行き感を出す

奥行き感を出すことで部屋を広く見せる効果があります。
具体的には、手前に大きな家具を配置し、
奥に背の低い家具を配置することで奥行きを感じさせ、部屋を広く見せることができます。

インテリアコーディネートで部屋を広く見せるコツ2

インテリアコーディネートで部屋を広く見せるコツ