窓の多い部屋の家具の配置レイアウト集

インテリア通販

 

窓の多い部屋の家具配置

窓の多い部屋は明るくて開放的ですね。
しかし、窓の多さはメリットだけではありません。
太陽光が眩しくて、テレビが見えにくくなってしまったり、家具が日に焼けて変色してしまったりすることもあります。
明るいメリットを生かしつつ、デメリットも補える家具配置の例をご紹介します。

窓の多い部屋の家具配置

窓の多い部屋の家具配置


 

 

大きな窓ならではのメリットを生かすレイアウト

大きな窓ならではのメリットを生かすレイアウト

大きな窓ならではのメリットを生かすレイアウト


大きな窓際は日差しがたっぷりと差し込みます。
ソファは窓から少し離れた位置に置くと、直射日光を浴びずに日に焼けることを防げるでしょう。
テレビは窓から少し離して設置するか、窓に背を向けて置くと見えにくくなりません。

しかしせっかくの日差しも活用したいですね。
窓辺には観葉植物を置いたり、日光浴ができるリラックスチェアを置いたり、大きな窓ならではのメリットを生かしましょう。

 

インテリア性の高い窓を主役にするレイアウト

インテリア性の高い窓を主役にするレイアウト

インテリア性の高い窓を主役にするレイアウト


上の写真では、腰高窓が複数ある部屋の例です。
規則的に並んでいるおしゃれな腰高窓がこの部屋のポイントとなっていますので、窓付近には家具は置かない方がベターです。
ウォールシェルフや、窓と窓の間に掛けられた時計がアクセントになっていますね。

腰高窓を主役にするため、ソファは存在感を控えめにナチュラル系の色を選んで壁際に配置しましょう。
淡い色のロールスクリーンは日差しを完全に遮らないので、部屋の中が明るくなります。

 

窓に背を向けて大型ソファを配置するレイアウト

窓に背を向けて大型ソファを配置するレイアウト

窓に背を向けて大型ソファを配置するレイアウト


窓が大きい部屋は外の明かりが眩しすぎて、落ち着かない空間になってしまうこともあります。
配置する家具はグレーや黒など、明度の低い色を選ぶと良いでしょう。

上の写真では、腰高窓の下にソファを配置した例です。
窓に背を向けて座るので眩しくありません。
大型のソファで、ホームパーティも可能なリビングになりました。

 

窓から見える景色に合わせるレイアウト

窓から見える景色に合わせるレイアウト

窓から見える景色に合わせるレイアウト


こちらのレイアウトでは窓際にインパクトのある赤いソファを配置しています。
窓の外に見える木々の緑と、赤いソファのコントラストがキレイですね。

大きな窓のメリットは、外の景色を楽しめること。
海が見える窓街並みが見える窓、高層から青空が見える窓などさまざまです。
家具配置のコツは、窓から見える景色もインテリア要素のひとつとして、家具の色やスタイルをコーディネートすると、ワンランク上のレイアウトになります。

 

窓の多い部屋のメリットを生かす

窓の多い部屋は、家具配置によって眩しくて落ち着けない空間になってしまいます。
過ごしやすい部屋にするために家具のレイアウトをマスターして、窓のある空間を楽しんでくださいね。