テレビの配置で過ごしやすさが変わる!テレビのおすすめレイアウト

インテリア通販

テレビのおすすめレイアウト

家具のレイアウトは、過しやすい空間をつくる上でもとても重要です。
リビングでは、ソファに座りながらテレビを見てくつろぎたいですね。
特にテレビとソファの位置関で、その部屋のレイアウトがおおよそ決まります。

家族全員が見やすい位置、くつろぎながら見られる位置、部屋が狭くならない位置など、さまざまな視点から考えて、いちばんしっくりとくる場所に設置しましょう。
インテリア的にもおしゃれにまとまるレイアウトについてご紹介します。

 

 

家族構成で考えるテレビの位置

家族構成で考えるテレビの位置

家族構成で考えるテレビの位置

テレビは、一人暮らし、夫婦二人、3人以上の家族など、家族構成によっても適した置き位置が変わってきます。
一人暮らしの場合は、ソファの正面にテレビを置くと見やすいです。
夫婦2人の場合もラブソファ(二人掛けソファ)が1つなら、テレビは正面に配置するレイアウトでよいでしょう。

ソファの数が一つではない場合、テレビはどの位置からでも見やすい場所に設置します。

テレビのおすすめレイアウト

テレビのおすすめレイアウト

二人掛け以上の大きなソファと、一人掛けソファ二つが向かい合わせたレイアウトなら、テレビはサイドの壁に設置するのがおすすめです。
テレビに背を向けることがないので、どの席からも見ることができますね。

 

テレビを設置するときの高さと距離

ソファに対してのテレビの配置が分かったところで、設置する高さと距離についてはどうでしょう。
テレビの大きさにもよりますが、あまり近い位置に設置すると目が疲れてストレスになってしまいます。
また壁に設置する場合、大きな画面になるほど高い位置に設置する方が見やすくなります。
画面の大きさに対して適切な距離と高さは以下の通りです。

32型→距離:約120cm 高さ:約40cm
40型→距離:約150cm 高さ:約50cm
46型→距離:約170cm 高さ:約55cm
52型→距離:約190cm 高さ:約65cm
60型→距離:約220cm 高さ:約75cm

この数値を目安にして、テレビとソファ距離を決めると良いでしょう。

 

窓に対して見やすいテレビの向き

窓に対してテレビをレイアウトする向きは、垂直に設置するケースが多くみられます。
窓が一つしかない部屋なら、窓を隠すことなく壁面を利用できますね。

ただしテレビを設置する位置が窓に近いと、日光が反射して見えにくいこともあります。

窓を背にテレビを設置

窓を背にテレビを設置

窓を背にテレビを設置した場合(窓側にテレビを設置する場合)、画面には日光があたりませんが、視線に外光が差し込んでとても見にくくなってしまいます。
カーテンやブラインドで外光を遮るようにしましょう。

 

家具や間取りとのトータルバランスでレイアウトを

テレビの設置に関するレイアウトをご紹介しました。
テレビは、ソファとの位置関係や窓に対する向き、家具や間取り、ライフスタイルなど、トータルバランスで最適なレイアウトを考えることがポイントです。
現代の生活には欠かせないテレビを、インテリアの中でも上手に配置して、過しやすい空間をつくってくださいね。