クッションの洗い方(家庭で洗濯する方法)

インテリア通販 >> クッションカバー

クッションを洗って清潔に保つ

クッションの洗い方

クッションの洗い方

みなさんはクッションを洗っていますか?
実は日々の汚れやダニなどでとても清潔とはいえません。
意外と洗っていない人は多いのではないでしょうか。
そもそもクッションは洗えるの?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。
中綿の種類にもよりますが、一般的なクッションは洗えるものが多いです。

クッションは定期的に洗って快適で清潔なクッションでくつろぎましょう。

 

クッション洗濯のポイント

クッション洗濯のポイント

クッション洗濯のポイント

お気に入りのクッションは綺麗な状態で長く使いたいものです。
クッション洗濯のポイントは型崩れやよれを少なくしてふかふかに仕上げることです。
洗濯方法や乾燥方法などを工夫して家庭でも十分にふかふかに仕上げることができますので、
クッションの洗い方のポイントをご紹介します。
 

洗濯できるクッションとは

ポリエステル、綿、パウダービーズのクッションは洗濯することができます。
一般的なクッションはこれらの素材が使われている場合が多いです。
 
<確認ポイント>

  • 洗濯する前には、必ず洗濯表示を確認しましょう。
  • 水洗い不可の表示があるものは水洗いは控えましょう。
  • 綿100%のクッションは中の綿が片寄りやすいので注意しましょう。

 

クッションの洗い方

クッションの洗い方

クッションの洗い方

手洗い方法

中の綿の片寄りが心配な場合は手洗いにしましょう。
小さめのクッションの場合は洗面台、大きめのクッションは浴槽にお湯を溜めて洗います。
強くもみ洗いをすると中の綿が片寄りクッションの型崩れの原因となりますので、
やさしく20~30回程度、押し洗いをします。
水が汚れた場合は、一旦排水し、キレイな水に入れ替え、押し洗いを繰り返します。

洗濯機で洗う方法

洗濯機でクッションを洗濯する場合は、必ず洗濯ネットに入れて洗濯しましょう。
洗濯機の「手洗いコース」や「デリケートコース」などを選択します。

<注意点>
ネットに入れずに洗濯機で洗濯してしまうとクッションが破損する恐れがあります。
またそれらが洗濯機の故障の原因となりますので十分注意しましょう。

洗濯機で洗う際の注意点

洗濯機で洗う際の注意点

 

脱水

小さめのクッションはタオルドライがオススメです。
タオルドライはタオルでクッションを包み、押しながら水分をタオルで吸収し乾かします。
洗濯機で脱水する場合は、一旦洗濯機から取り出しクッションの中綿を整えてから脱水してください。
 

乾燥、干し方

クッションを洗い終わったら、風通しの良い場所で乾くまで陰干しします。
型崩れが心配な方は枕を干す時に使う専用のネットに入れて形を整えながら干すと良いでしょう。
しっかり乾かさないと、中の綿が完全に乾かずにカビの原因になってしまうので気を付けましょう。
クッションの大きさや材質により異なりますが完全に乾くまでに1日~数日程度かかります。
最後の仕上げとして乾燥機にかけると残っている水分が除去でき、ふっくらとした仕上がりになるのでオススメです。
 

最後に

いかがでしたでしょうか。
洗い方のポイントは手洗いでやさしく押し洗いすることです。
強いもみ洗いや、洗濯ネットを使わずに洗濯機で洗うと破損する場合があります。
また、古いクッションも生地が裂ける恐れがありますので破れそうな状態のものの洗濯は避けましょう。

クッションの洗濯は乾燥にも時間がかかり大変手間なことですが、
お部屋を清潔に保つためにも洗える素材のクッションは洗濯して気持ちよく使いましょう。

 

参考:クッションカバー