ピンク・黄色・緑などの春色クッションカバーでお部屋をコーデ

インテリアに春色を取り込んでお部屋に彩りを

春は季節の一つですが、寒い冬から徐々に気温が上がり始め過ごしやすい気候の日が多くなりますね。
お部屋に春色を取り入れてお部屋を彩りたいものです。
春色とはよく言いますが春色とはどのような色なのでしょうか?
お部屋にちょっと春色を取り入れたい場合、ソファや家具、部屋の壁の色を変更となると大がかりで大変です。
そんな時、クッションカバーなどの小物アイテムであれば簡単に変えることができるのでおすすめです。
ここでは春色や春色のおすすめクッションカバーをご紹介いたします。
春色クッションカバーでお部屋をコーディネートしてみましょう。

春色クッションカバー

春色クッションカバー


 

 

春色とはどんな色?

みなさんは、春といったら何色を思い浮かべますか?
ピンクや黄色、黄緑、原色カラーではないパステルカラーを想像されたかと思います。
春色の読み方は「しゅんしょく」と辞書に載っているようですが、最近では「はるいろ」の読みも使われるようです。
春色は、その漢字の通り「春らしい色」「春を連想させる色」です。
具体的には、春に咲く桜のイメージカラー「ピンク」や春の植物であるタンポポ・菜の花などのイメージカラー「黄色」、
他には水色やうすい緑、淡く優しいトーンのパステルカラーなどが春色となります。

1-2.春色

・ピンク

・淡いイエロー

・パステル系グリーン

・うすい水色

春色は可愛らしい綺麗な色が多いです。

 

春色(ピンク系)のクッションカバー

春には春色のクッションカバーがおすすめです。
春の代表的な花、桜のイメージ色のピンクのクッションカバーは春のインテリアにぴったりです。
 

ピンク色のバラ柄クッションカバー

立体ピンク薔薇デザイン クッションカバー

立体ピンク薔薇デザイン クッションカバー


立体ピンク薔薇デザイン クッションカバー
パステルカラーのうすいピンクが春らしいクッションカバーです。
 

淡いピンク色の無地のクッションカバー

クッションカバー 凹凸生地 ソリッドカラー

クッションカバー 凹凸生地 ソリッドカラー


クッションカバー 凹凸生地 ソリッドカラー
写真右下のクッションカバーは淡いピンク色で春らしさを感じさせます。柄が無いのでどんなお部屋にも合わせやすくコーデしやすいデザインです。
 

パステル調ピンクに格子柄

クッションカバー 淡い色の格子柄 ピンク

クッションカバー 淡い色の格子柄 ピンク


クッションカバー 淡い色の格子柄
パステル調のピンク色に白系色の格子柄が入ったデザインです。可愛さと春らしさを感じるデザインで白やうすいグレーのソファにぴったりなクッションカバーです。
 

フリル付きのうすいピンク色のクッションカバー

クッションカバー フリル ピンク/白

クッションカバー フリル ピンク/白


クッションカバー フリル
フリル付きの可愛いデザインのクッションカバーです。無地なので春のお部屋コーデに使いやすいアイテムです。

 

春色(黄色系)のクッションカバー

タンポポ・菜の花などの春の植物をイメージさせる黄色も春にはぴったりな色ですね。
 

レモンイエロー

レモンイエロー 黄色のクッションカバー

レモンイエロー 黄色のクッションカバー


レモンイエロー 黄色のクッションカバー

レモンイエロー 黄色のクッションカバー


レモンイエロー 黄色のクッションカバー
バックのうすい青色の壁紙との色の相性も良く、春らしいイメージです。

 

春色(緑色系)のクッションカバー

緑、黄緑、うすい青系色も春色なのでお部屋のコーデに使いたい色ですね。
 

エルムグリーン

クッションカバー 立体花 エルムグリーン

クッションカバー 立体花 エルムグリーン


クッションカバー 立体花 エルムグリーン
 

ライトブルー

クッションカバー ライトブルー

クッションカバー ライトブルー


クッションカバー ライトブルー
緑色ではないですが水色系色も春にはおすすめです。
 

水色とうすい緑色に白いリーフ柄

クッションカバー 刺繍リーフ 青/緑

クッションカバー 刺繍リーフ 青/緑


クッションカバー 刺繍リーフ 青/緑
どちらも控えめな色合いでカジュアルなイメージなのでお部屋のコーデに使いやすいアイテムです。

 

最後に

いかがでしょうか。
春色の具体的な色や春色のおすすめクッションカバーをご紹介させていただきました。
クッションカバーであれば簡単に交換できますので春色をお部屋に取り入れるのも楽ですね。
春色クッションカバーで部屋の雰囲気を明るく模様替えしてみましょう。
春色のお部屋コーディネートを楽しんでください。