失敗しない一人暮らし用のカーテンの選び方

インテリア通販 >> カーテン

一人暮らし用のカーテンの選び方

一人暮らしでは、ワンルームにベッドやソファー、テーブルなど全ての生活必需品を置くので、空間を上手に利用しなければなりません。
カーテンはインテリアの中でも比較的大きな面積を要するので、選び方によっては部屋が狭く感じてしまったり、チグハグな印象を与えてしまいます。
シンプルなカーテンなら間違えはありませんが、せっかくの一人暮らしを始めたならカーテンにもこだわりたいところ。
一人暮らしの部屋をスッキリと見せるために、ワンルームにも合うカーテンの選び方をマスターしましょう!

一人暮らし用のカーテンの選び方

一人暮らし用のカーテンの選び方


 

 

カーテンの色

部屋をスッキリと見せるためには、インテリア全体を同じ色でまとめることです。
インテリアはベースカラーとなる壁や天井の色、アソートカラーとなるカーテンやラグ、大きい家具の色、アクセントカラーとなるクッションや置物などでコーディネートします。
つまり、取り入れる色は多くても3色にすることを基本と考えましょう。
アソートカラーとなるカーテンは、壁や床に近い色を選ぶと壁との差が目立たずに広く感じられます。

白い壁にベージュのカーテンは失敗のない色ですが、ちょっと物足りないと感じたら思い切って色味のあるカーテンを選んでみましょう。
色味のあるカーテンを選ぶポイントは、インテリアのテーマカラーを決めることです。
ラグやベッドカバーなどと同じ色のカーテンを選んだのなら、色の濃淡をつけることで部屋の奥行きを感じたり単調なインテリアにならず、スッキリとまとまりのあるイメージになります。

カーテンの色

カーテンの色

 

カーテンの柄

柄のあるカーテンを選ぶ場合は、柄の大きさや方向でイメージが変わってきます。
大きな柄はインパクトがあり、ワンルームには難しいように思われがちですが、柄と柄の間の余白が大きければ、それほどの圧迫感は感じません。
ただし、腰高窓など面積が広くない窓には向かないので、テラス窓などに取り入れてみましょう。

小さな柄は色味にもよりますが、細かい総柄であれば無地に近いイメージになるので、比較的どんなお部屋にも合わせやすいです。
細かいチェックなどが良い例です。

背の高い家具を置いてある場合は、縦に伸びるストライプ柄がおすすめです。
天井を高く感じさせ、圧迫感を少なくしてくれます。
反対に、ボーダー柄は横に広く見せる効果があります。
背の低い家具とボーダー柄のカーテンの組み合わせは、ワンルームを広く見せる基本と言って良いでしょう。

カーテンの柄

カーテンの柄

 

カーテンのスタイル

カーテンのスタイル

カーテンのスタイル

カーテンと言えばドレープカーテンが一般的ですが、ヒダ倍率でも雰囲気がかなり変わってきます。
ヒダ倍率は、既成カーテンでは1.5倍ヒダ、オーダーカーテンでは2~2.5倍ヒダが標準仕様になっていることが多いです。

2倍ヒダはヒダ山が高いので、ウェーブが美しく、高級感のある仕上がりになります。
天井付けのカーテンや間口の広い窓には、その美しいウェーブが充分に生かされますが、ワンルームの場合、かえってフラット気味のカーテンの方がすっきりとした印象を与えます。

腰高窓にはドレープカーテンではなく、ロールスクリーンやシャープシェードもおすすめです。
カーテンと同じ生地にすると、統一感のあるおしゃれなインテリアになりますね。

 

ワンルームでもカーテンの選び方でお洒落なインテリアへ

一人暮らし用のカーテンの選び方をご紹介しました。
限られた空間のワンルームでも、カーテンは多彩な色や柄から選ぶ楽しみがありますね。
お部屋のテイストに合わせて、すっきりとお洒落に仕上がるカーテンコーディネートに挑戦してみてくださいね。

 

参考:カーテン