イメージ通りの部屋を作るカーテンの色の選び方

部屋の印象を決めるもののひとつにカーテンがあります。
カーテンの色の選び方ひとつで、同じ部屋を広く見せたり、明るく見せたり心理的な効果も様々です。
カーテンの色が持つ印象を理解して、自分のイメージ通りの部屋作りをしてみましょう。

部屋の色とのバランスを考えた選び方

カーテンの色の選び方

カーテンの色の選び方

部屋の壁紙や大きな家具が何色をたくさん使用しているのか、または暖色や寒色など何色の系統が多いのかを見渡し、カーテンの色とのバランスを考えます。

・同系色でまとめる
色の濃淡が違う同じ色で揃える場合は、統一感が出て落ち着いた部屋に仕上げることができます。
濃い色にすると、締まりはありますが圧迫感を感じ、薄い色にするとぼんやりはしますが部屋を広く見せることができます。

・類似色でまとめる
全体的に似た色を使うので、色同士がケンカしあうことなく調和の取れた部屋になります。
例えば、壁紙やフローリングが茶色い場合、カーテンをベージュやカーキなどアースカラーと呼ばれるフローリングの茶色と近しい色のカラーでまとめます。

・アクセントカラーを入れる
部屋全体が同一色でまとまっている場合、カーテンにアクセントカラーとして、全く色味の違う1色を差し込むとメリハリが出てオシャレに仕上がります。

色の持つ心理的な効果で選ぶ

色が持つ心理的な効果をカーテンの色の選び方に応用してみましょう。

色の持つ心理的な効果で選ぶカーテン

色の持つ心理的な効果で選ぶカーテン

・ピンクや淡いグリーン
癒しの効果があるので、寝室やリラックスしたいリビングなどに向いています。

・オレンジ
前向きな気持ちや食欲を増進させるのに効果があり、ダイニングやリビングなど、比較的人が集まり長い時間滞在する部屋の向いていると言えます。

・黄色のカーテン
濃い黄色は興奮作用が少し強くなるので、カーテンの色の選び方としては、少し淡い黄色を選ぶことをおすすめします。
人を陽気にさせ、また集中力を高める効果があるとされているので、リビングや勉強部屋、子供部屋にも向いています。

・ブルー
集中力を高め、気持ちを落ち着かせるので勉強部屋や書斎に向いています。
食欲を減退させる色なのでダイニングには向かないでしょう。

視覚的な効果で選ぶ

一般的に少し淡い色目のものは部屋を広く見せる傾向があり、濃い色は圧迫感を感じるので、部屋が狭く見えます。
部屋の広さを強調したいのであれば淡い色を選ぶと良いでしょう。
ベージュ色や淡いクリーム色などはその代表的な色だと言えますが、光を通しやすいため遮光タイプのものを選ぶことをおすすめします。

反対に、淡い色は部屋をぼんやりとした印象にし、濃い色は部屋全体が引き締まりスタイリッシュな印象を与えます。
都会的でクールな部屋作りをしたい場合は、カーテンの色は濃い色がおすすめです。
赤や黒などが代表色ですが、興奮したり緊張感を与える色なので、寝室などには不向きとも言えます。

様々な要素が作用して部屋の印象が決まりますが、カーテンの色の選び方はその中でも大きな要素になります。
どんな部屋にしたいのか、その部屋でどんな風に過ごしたいのかをイメージしてカーテンの色を選ぶと失敗が少ないでしょう。

 

参考:カーテン