遮光カーテンの選び方!お部屋に合わせた選び方とポイント

光をシャットアウトしたい!遮光カーテンの選び方

カーテンはお部屋の必須アイテムですね。
今回は遮光カーテンの役割と遮光生地の等級、メリットやデメリット、あなたのお部屋に合った遮光カーテンの選び方について、わかりやすくポイントをご説明いたします。

遮光カーテン ストライプ レッド

遮光カーテン ストライプ レッド

1.カーテンの役割

カーテンの役割

カーテンの役割

お部屋のカーテンは、インテリアの重要アイテムのひとつです。
デザイン性を重視したいところですが、本来の役割は外からの視線を遮ることです。
夜、部屋の明かりが点いた状態でカーテンをしていれば、外から部屋の中を見られることはありません。
しかし、遮光生地でなければ、部屋の明かりが漏れて人影は映ってしまいます。
反対に、陽の明るさも遮らないので、寝室ではカーテン越しに朝の光が入り、日の出の早い時期では早朝から部屋が明るくなってしまいます。

この様に部屋によっては、プライバシー保護防犯性、また生活上での視点から、カーテンは遮光生地である方が良い場合があります。

2.遮光生地の等級

遮光カーテンに使用される生地には、1~3級までの遮光等級があります。
1級遮光…99.99%以上
2級遮光…99.80%~99.99未満
3級遮光…99.40%~99.80未満

また、遮光性なしの生地は99.39%以下となっています。
数字で見るとそれ程の差はないように感じますね。
目安としては、1級は顔の表情が分からないレベル2級は顔の表情が分かるレベル3級は事務作業はできないレベル、となっています。

3.効果的な遮光カーテンの選び方

遮光カーテンの選び方

遮光カーテンの選び方

遮光カーテンは、窓の方角や窓の形状、カーテン生地の色によって、その効果も違ってきます。
生地の色が濃いほど遮光性が高くなるカーテンが多いようです。

直射日光や西日が当たる窓は、そうでない窓よりも部屋の中が明るくなりますし、カーテンと窓の間には隙間があるので、光が漏れることもあります。
遮光性を最大限に発揮させたいのなら、濃い色の生地を選び、充分な幅と丈のカーテンを選ぶことです。
カーテン上部からの光の漏れを防ぐには、カーテンボックスを設置することが有効です。

既存のカーテンに後付けの遮光裏地カーテンを付ける方法もあります。
カーテンに裏地を付けると表地と裏地の間に空気の層ができ、遮熱効果や断熱効果も高まるので電気代の節約にもなりますね。

4.お部屋に合った遮光カーテン

お部屋に合った遮光カーテン

お部屋に合った遮光カーテン

部屋の窓には、それぞれ何級の遮光カーテンが向いているでしょうか。
寝室は、朝になったことに気付かないほど真っ暗でも困りますね。

直射日光や西日の当たる部屋は、エアコンの効き目を軽減させないためにも、しっかりと遮光したいところです。
カーテンメーカーのショールームではサンプル生地があることも多いので、実際の部屋の窓で試してみると遮光加減が確認できるでしょう。

 

参考:カーテン