カーテンタッセルとは?オシャレな4つの使い方

インテリア通販 >> カーテンタッセル

カーテンタッセルとは?意外な使い道も

カーテンタッセルとは?意外な使い道も

カーテンタッセルとは?意外な使い道も

日常に溶け込んでいて、使っているけど名称がわからないものって意外にもたくさんありますよね。
その中の、カーテンをまとめるときに使うバンドのようなものの名称ご存じですか?
毎日使っていても気にしたことがない方多いと思います。
あのバンドのようなものは「カーテンタッセル」という名前で、カーテンを開けたときに広がらないようにするアイテムです。

この「カーテンタッセル」にはカーテンをまとめる以外にもオシャレな使い方があるのです。
ここでは、本来の使い方以外に重点をおいてお話ししていきます。

カーテンタッセルの使い方

まずは、本来の使い方について少しお話ししていきます。
カーテンタッセルはカーテンを開けたときに束ねておくバンドのことです。
カーテンを買ったときに同じ生地のタッセルがついてきますが、そこに違う生地のものを選んだりして、自分らしくアレンジすることもできます。

「タッセル」とは先が房状になった飾りのことを言います。
ヨーロッパではルネサンス期から大英帝国時代、ビクトリア時代へと時代が変わるとともに、高価な装飾品として使われるようになっていたようです。

意外な使い道が?

昔タッセルは高価な装飾品として使われていましたが、現在は簡単に手作りでき使われる幅が広がっています。
オリジナルのタッセルをつくり、自分好みな使い方をしている方も増えているようです。

○ドアの飾りに

ドアノブ周りを華やかにでき、ドアを開けるたびにゆらゆらと揺れるのでお店のドアにかけて鈴などを付けておく方が多いようです。
手作りすることができるので、カーテンタッセルとして使われないような糸を使えば高級感がでます。
また、ビーズなどを組み合わせることで完成度が高いものができるでしょう。

○部屋の飾りに

部屋の壁などに、カラフルなタッセルをぶらさげておけば、カラフルでおしゃれな空間をつくることができます。
また、クッションの縁などに短めなタッセルを使えば上品さを上げることができるなど、インテリアとしても活躍するでしょう。

○アクセサリーに

最近の定番は、ピアスやイヤリングなどの身につけるタッセルです。
アジアンスタイルにも欧米風にも、さまざまなスタイルに沿うことができるので、若い方を中心に人気になっているようです。

○シューズに

街中で見かける方が多いのではないでしょうか?
フラットシューズからヒールパンプスまで、形は違いますがタッセルが付くだけで落ち着いた上品な印象を持たせることができます。

カーテンタッセル意外な使い道が?

カーテンタッセル意外な使い道が?

今回は「カーテンタッセル」とはなにかと、タッセルの意外な使い道をいくつかお話ししました。
タッセルにはさまざま使い道があるので、気になった方参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

参考:カーテンタッセル