マットレスの寿命を見極める4つのポイント

マットレスの寿命を見極める4つのポイント

マットレスの寿命を見極めるポイント

マットレスの寿命を見極めるポイント

「マットレスを購入してから何年か経っているけど寿命はどれくらいなんだろう」という疑問を抱えている方多いのではないでしょうか。

マットレスは毎日使うものなので、少しの変化になかなか気付きにくく、その積み重ねがマットレスの寿命を早めてしまいます。
ここでは、マットレスが寿命を迎えているか見極めるポイントをお話ししていきます。

一般的なマットレスの寿命とは

一般的なマットレスの寿命とは

一般的なマットレスの寿命とは

まずは基本となる一般的な寿命についてお話ししていきます。

マットレスの種類や使い方によってもちろん異なりますが、長く見ても「10年」と言われています。 マットレスには体重が毎日負荷となってかかっていて、人間の体は平たんではありません。

頭・肩・腰・足の部分により多くの負荷がかかることで、マットレスのへたりやへこみに繋がってしまいます。
寿命である10年を過ぎても使い続けていると、部分的にへこんだところに寝るわけになるので体の歪みとなってしまいます。
これが原因で腰痛や肩こり、首の痛みになることも。

また、睡眠は体を休めて疲れをとるはずの役割から、体を疲れさせる原因にもなります。

寿命なのか見極めるポイント

一般的な寿命は10年ですが、その前に寿命を迎えている場合もあります。
寿命を迎えている場合は以下のような特徴があります。

○中央部分がへこんでいるとき

この部分がへこんでいる場合はクッション部分がもとに戻らなくなっている可能性が高いです。
体重による負荷が最も大きいのは腰や臀部であるため、中央部分がへこんでいると睡眠時の姿勢が「くの字」になってしまい腰痛の原因となります。

○背中にスプリング部分が当たってしまう

背中にスプリングが当たって痛いという場合も寿命です。
マットレスの表面のクッションが弱くなっているのが原因で、ベットパッドや敷きパッドを使うことで一時的に対処することができます。
ですが、背中や腰を痛めるリスクがあるので注意しましょう。

○きしむ音がする

寝返りなどで体を動かしたときにきしむ音がする場合も寿命といえます。
内部にあるスプリングが劣化している可能性が高く、体がマットレスにどんどん沈んでいってしまい体を痛めてしまう場合があります。

○以前より寝返りを打つ回数が増えた

一晩に20~30回程度寝返りを打つと言われています。
寝返りは余分な熱の放出や骨・筋肉の位置を調節するために行われるので、寿命を過ぎた体に合っていないマットレスでは、寝返りを打つ回数が増えてしまうのです。
朝疲れが取れていなかったり、肩こり、腰痛、頭痛がある方は寝返りの回数が増えている可能性があります。

マットレスの寿命を見極めるポイントのまとめ

前述のようなことが当てはまった場合は、マットレスが寿命です。
体に負担をかけてしまうので、できるだけ早く買い替えることをオススメします。

今回はマットレスの寿命を見極めるポイントをお話ししました。
寿命を過ぎたマットレスを使っていると、深い睡眠をとることができなかったり、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

お話ししたポイントを参考に、マットレスを買い替えて快適な睡眠をとりましょう。