快眠を得る!ベッドとマットレスのサイズや種類と選び方のポイント

ピッタリサイズを見つける!ベッドとマットレスのサイズ選びのコツ

快適に眠るためには様々なポイントがありますが、ベッドやマットレスのサイズ選びもそのうちのひとつです。
ベッドは長く使うものなので、購入してから後悔しないためにも、きちんとしたサイズを選ぶことが重要です。
快適な睡眠のために、自分にピッタリ合うベッド&マットレスのサイズ選びのコツを押さえましょう。

 

 

ベッドやマットレスのサイズにはどんな種類がある?

ベッドやマットレスのサイズにはどんな種類がある?

ベッドやマットレスのサイズにはどんな種類がある?

ベッドのサイズは、「寝る」部分のマットレスのサイズによって大きさや呼び名が分かれています。

・【S】シングル (横幅 約97cm)
・【SD】セミダブル (横幅 約120cm)
・【D】ダブル (横幅 約140cm)
・【Q】クイーン (横幅 約160cm)
・【K】キング (横幅 約180cm)

メーカーによって呼び名や若干のサイズの差はありますが、この5種類が一般的です。
細かなサイズ表記のメーカーのものであれば、【SS】セミシングル(横幅 約85cm)のものもあります。
ベッドのサイズは、このマットレスのサイズに横幅を数cm~十数cmほど足した大きさになり、縦の長さは、どのようなヘッドボードを選ぶかなどによって変わってきます。

自分にピッタリ合うサイズを選ぶポイント

マットレスを選ぶには、体の幅(手~手まで約65cm)に左右+15cmずつ(計30cm)が必要なサイズだと言われています。

1人で寝るには、シングルサイズが標準になりますが、少し体格が大きめの人の場合は、寝返りなどが打ちにくい場合もあります。
シングルに23cmプラスしたセミダブルのベッドであれば、1人でもゆったり快適に眠ることができますし、少し大柄の人でも窮屈と感じないでしょう。
セミダブルは、赤ちゃんの添い寝が必要な場合などにもおすすめです。

2人で寝る場合は、シングル×2がダブルのサイズだと思われがちですが、実はそうではなく、ダブルは、大人2人が真っ直ぐな姿勢で寝る最低限のサイズと考えると良いでしょう。
2人で寝た場合、少し動くと相手の体に触れてしまうので睡眠が浅くなってしまうことも考えられます。
2人でゆったり寝るには、クイーンサイズがおすすめです。

キングサイズは、2人で広々と寝たい場合などに向いていますが、サイズが大きいのでベッドに応じた広い部屋が必要になります。
大人2人と赤ちゃん1人などの利用にも向いていますが、大人2人と寝相が激しくなってきた子供1人で使うには、寝相で蹴られることを覚悟しておいた方が良さそうです。

背が高い人のマットレス選びには

マットレスの長さは、一般的なものはどれも195cmです。
背の高い人であれば、足を伸ばしてかかとがマット内にギリギリ収まるかどうかという長さです。
背が高い人がマットレスを選ぶ場合には、長さが+約10cmのロングサイズのマットレスを選ぶと良いでしょう。

背が高い人のマットレス選び

背が高い人のマットレス選び

快適な睡眠は、まずは快適に眠れるベッドやマットレスのサイズ選びから始まります。
自分の体格や部屋、他の家具とのバランスなどを考慮してピッタリ合うものを見つけたいものです。
サイズはメーカーによって若干の違いがありますので、呼び名だけでなく必ずサイズを確認するようにしましょう。